【iDeCo NISA 財形 持株会】資産形成には制度をトコトン使い倒すべし!







こんにちは、ちゃぺです。

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。

 

今朝のニュースを見ていると、金融庁の『老後に2,000万円が不足する』との報告が発端となり、iDeCoの加入者数が増えているそうです。

イデコの口座数が急増、「2000万円問題」が開いた投資の扉
Bloomberg

 

iDeCoの制度としてはネットでも詳しく解説されていますが、大きな特徴として『掛金分を控除されるので節税ができる』事です。

サラリーマンで企業年金がもらえる方や公務員の方であれば、掛金(支払う金額)は月々1.2万円(年間14.4万円)と少ないですが、自営業をされている方など企業年金がない方は掛金は月々6.8万円(年間81.6万円)多くなっています。

所得税と住民税分が控除されるので、収入によって節税額は以下の通り異なります。

iDeCoは老後に特化した制度ですが、資産形成をするのには他にも色々と制度があります。

そのため、メリット・デメリットをよく理解した上で、それらを上手く活用することで資産形成を助けてくれます。

家計の収入も同じで、1馬力よりも2馬力以上にした方が効果が大きくなるのは想像に難くないと思います。

 

老後以外にも、各ステージでマイホームや教育資金など色々とお金は必要になってきますから、資産形成を効率よくするに越した事はありません。

身の回りには色々な制度がありますが、丁寧に教えてくれることはありませんし、逆に擦り寄ってきて教えてくれるのは怪しい詐欺まがいみたいなのもあったりするのが注意が必要です。

 

今回は、私が実際に行っているiDeCo以外の資産形成について、メリット・デメリットも踏まえてご紹介します。

何れも一般的なもので、『権利収入』とか『MLM』とか『簡単に自宅で』と言った類のものでは全くありません。


会社の財形や持株会

会社の財形では、大きく貯めることは出来ませんが、給料からの天引きですし、奨励金や非課税枠があったりしますので、銀行に預けるよりかははるかに効率的です。

もし、『給料が出たら直ぐに使ってしまう』とか『先取貯金ができない』と言う方であれば、先ずは財形をして先取りをして資金を貯めるのが手っ取り早いです。

私の場合、財形である程度纏まったお金を貯めて、貯まったら引き出して米国株やETFに振り分ける様にしています。

 

次に持株会ですが、こちらも会社からの奨励金が出るので通常よりも安く自社株を購入することが出来ます。

一般的に、5~10%ぐらいは安く買えたり会社が奨励金として出してくれます。

さらには配当金ももらえたりもしますので、長期保有だと損をするリスクは非常に低くなります。

 

我が家は、この持株会の利益をマイホームの頭金の一部にすることが出来ました。

こちらにも詳細を書いていますので、宜しければご参考ください。

【投資初心者におススメ】10年以上持株会をやって100万以上プラスが出た話

まとめると以下の通りです。

◇ メリット ◇

✔ 先取貯蓄なので知らず知らず貯まる
✔ 会社で設定した奨励金や補助がある
✔ 定額をコツコツと貯められる

 

◆ デメリット ◆

✔ 預金の延長線上なのでそこまで大きく貯まらない
✔ 会社への依存度が高まる(会社の業績悪化で資産が減るリスク)



NISA/つみたてNISA

NISAとは、イギリスのISA(Individual Savings Account:ISA=個人貯蓄口座)をモデルにした日本版として2014年以降に始まりました。

NISAのメリットは、運用時に得た利益(配当や売却益)が非課税になります。

通常であれば20.315%の税金が掛かりますが、NISAではこれが非課税となるので丸々手元に残ります。

 

NISAとつみたてNISAでは、若干内容は異なりますが、大きな点をまとめると以下の通りです。

NISAなら投資信託以外の通常の株も購入できるので、配当だけではなく株主優待ももらえます

高配当で株主優待もあり、更に値上がり益が狙えると”一石三鳥”ですが、なかなかそんな都合の良い株はありません。

オリックスやKDDI何かは、高配当、株主優待も手厚い、値上がりも狙えそうですが、将来の株価がどうなるかは何とも言えません。

オリックスの株主優待についてはこちらから。

イオンなどもキャッシュバックがあるので保有しています。

 

つみたてNISAなら年間の非課税枠は低いですが、その分期間が長いので、コツコツと長期運用する場合はおススメです。

 

私は、個別株もやりたいと思い、NISAにしていますが投資信託も毎月定期的に購入しています。

実績はこんな感じです。

45万ほど投資信託の積立をして現在1万ほどのプラスです。

当初は、国内株式型のひふみプラスも購入していたのですが、いまいちなので現在は塩漬け中です。

 

今は以下の3つを月々合計で21,000円積立ています。

楽天・バンガード・ファンド(全世界株式):3,000円
楽天・バンガード・ファンド(全米株式):8,000円
楽天・バンガード・ファンド(米国高配当株式):10,000円

◇ メリット ◇

✔ 配当や売却益が非課税

 

◆ デメリット ◆

✔ 損失が損益通算できない
✔ 1人1口座で自由度が低い



One tap BUY

以前までは、米国株を買う場合はまとまった額でないと手数料負けしていたのですが、現在は大手のネット証券では手数料がほぼ0円となりました。

そのため、1,000円から買えるOne tap BUYの魅力は、今ではほとんどありません。

株数ではなく金額なのでその点ではコツコツ積み立ては可能です。

 

また、One tap BUYでは選べる銘柄も限られるため、これから外国株やETFを買おうとするなら、SBIやマネックス、楽天証券で始めた方が断然お得です。

 

ちなみに、One tap BUYでの積立は以下の5銘柄です。

◇ メリット ◇

✔ 1,000円と少額から有名企業の株を購入できる

 

◆ デメリット ◆

✔ 手数料がネット証券より高い
✔ 選べる銘柄が少ない

 

現在の積立状況

月々の積立状況をまとめました。

  • iDeCo:12,000円
  • NISA(投資信託):21,000円
  • 財形:45,000円
  • 持株会:22,000円
  • One tap BUY:15,000円

月々では合計115,000円の積立となっています。

One tap BUYではあまりメリットもない事から15,000円は削る予定です。

 

実際これらの積立でどうなるのかもネットで簡単にシミュレーションできます。

例えば、月々10万円を現金で20年貯めるとすると、以下の通り2,400万円になります。

投資信託やETF、株式であればもう少し高いリターンを狙える可能性もあります。

例えば、毎年3%のリターンだと900万近く現金よりも多くなります

3%のリターンはそれほど無茶な数字ではなく以下の通り現実的です。

現金よりも債券、債券よりも株式、株式でも国内よりも国外の方がリターンは高くなります。

長期であれば、個別株ではなく先進国や全世界などのETFや投資信託の比率を上げることで、リスクはより小さくなるのではないかと思います。


まとめ

本日は、私が毎月実施している積立による資産形成のご紹介でした。

 

人それぞれの優先順位や家族形態があると思いますので、無理なく継続できる投資スタイルを確立させることが大切です。

周りにある仕組みを有効活用することで、効率的に資産形成することも不可能ではありません。

 

最初は口座開設等でメンドウかもしれませんが、一度始めてしまえばほぼ自動であとは定期的に見直すぐらいです。

投資をやるのに早いも遅いもありませんので、是非この機会に投資へチャレンジしてみるのはいかがでしょうか。

SBI証券でiDeCoについて調べてみる!
マネックス証券は応援キャンペーン中!
いきなり投資などの資産運用は難しいと思うのなら、一度マネーセミナーなどに参加してみると丁寧に解説してもらえるので良いと思います。



本日もここまでお付き合いいただきありがとうございました。

それではまた次回。

ちゃぺでした。