【太陽光発電】関西電力の受給電力量のお知らせがはがきからWEBへ変更!手続き解説!







こんにちは、ちゃぺです。

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。

 

一条工務店の家で生活する様になって、約1年ほどが経ちます。

現在は、初めての冬を経験していて、”高気密・高断熱”と”床暖房”のありがたみを日々実感しています。

【一条工務店 i-smart】2020年1月 床暖を24時間つけっぱなしにしても電気代はこれだけ!

電気代も今までの賃貸よりかは安く行けています。

 

このブログでは、一条工務店で生活を始めてから月々の電気代の報告と太陽光発電の報告をしています。

『一条工務店の家は電気代が掛からない』、とよく言われてはいるものの、その実態は住んでみないことには分かりません。

その体験をこちらのブログに公開している訳です。

我が家が家を購入する前に悩んだので、少しでもその参考になる様にと思っています。

ちなみに、我が家の情報は以下の通りです。

・子供2人の4人家族
・太陽光は5.88kWh
・関西電力管轄
ごくごく一般的でどこにでもいる様な家庭だと思います。

 

で、我が家の管轄は”関西電力”になるのですが、電気使用量は”はぴeみる電”のWEB太陽光発電は”はがき”で内容を確認していました。

”していました”と過去形なのは、2020年1月より”太陽光発電”のお知らせが”はがき”ではなくなりWEBへと変更になりました。

 

『そう言えばはがきにそんなことが書いていた様な・・』と思ったのですが、そのはがきが手元にありません。

『ネットで調べれば簡単に出てくるだろう!』と、思ってもなかなか出てこない!?

で、色々と調べてようやく見れるようになったので、今回はそのやり方を紹介したいと思います。

関西電力と契約していて太陽光発電の結果がWEBで見るやり方が分からない方の参考になるのではないかと思います。

(多分、多くの方は前もってはがきで登録をされていると思いますが・・・)

最後までお付き合いいただけますと幸いです。


送配電買取実績照会サービス「うちの発電量」について

今までなら以下の様な”受給電力量のお知らせ”のはがきが届いていました。

が、2020年1月からはこれがWEBへと切り替わっています。

うち電と言うサービスのようです。

送配電買取の電力受給契約を締結している発電者のみなさまを対象に、受給電力料金や受給電力量、電力受給契約内容のお知らせをWEB上にて、ご確認いただけるサービスです。

サービス開始以降、受給電力量等は「うち電」にてお知らせいたしますので、会員登録をお願いいたします。

関西電力より

また、”入会コードをお知らせしたあと、はがきによる検針票は送付されません。”、となっており、はがきからWEBに強制的に切り替わる様です。

 

そもそも、『入会コード』って何!?って感じなのですが、”入会コードは2019年12月分のはがきにあります”、とのこと。

12月のはがきをよく見ると、はがきの”下の方”に書かれています。

これがない場合、コールセンターへ電話をしてコードの再発行を依頼しなければ行けません。

 

「うちの発電量」でできること

「うち電」で出来るサービスは以下の通りです。

◆ うち電でできることはこの5点 ◆
・契約内容の確認
・過去15ヶ月分の受給電力量の確認
・ひとつのIDで複数地点の受給電力量の確認
・『電力受給契約内容のお知らせ』の印刷
・スマートフォンからの確認
その他、よくある質問もご参考ください。

何か結構一方的な感じしません・・・?


「うち電」の登録のやり方とログイン方法

先ほど紹介したサイトの下の方に”うち電へログインする”ボタンがあるので、そちらへアクセスすると、以下の画面が開かれます。

右下にある”新規ご入会の方はこちら”にアクセスします。

そこで、メールアドレスの登録をします。

すると、関西電力から”関西電力「うちの発電量」サービス入会お手​続きのご案内”のメールが届きますので、そこのリンクをクリックします。

そこで、入会コードの入力や、IDやパスワード、秘密の質問と答えの設定を行えば完了です。

ふたたび、関西電力から”「うちの発電量」入会お手続き完了​のお知らせ”メールが届きます

これであとは、先ほどのログイン画面で設定したIDとパスワードを入力すると、太陽光発電の実績を見ることができます。




まとめ

今回は、関西電力の受給電力量の結果がはがきからWEBへと変更になったのでその登録の仕方ついて、の紹介でした。

どうせなら、”はぴeみる電”で電気使用量も太陽光発電の買取も両方見れれば良いのですが、『改正FIT法施行により情報提供できない』とのことです。

消費者にとってはイマイチよく分かりませんが、WEBで見られるのは便利で良いと思いますが、一方で関電からの説明はあまり丁寧ではなく一方的な印象を受けました。

我が家のように、『太陽光のお知らせこーへんやんけ!どないなっとんじゃ関電!』と言う方の参考になりましたら幸いです。

 

一条で建てた本人が言うのも何ですが、設計士さんは今までの経験を元に間取りをデザインして、それを元に施主と最終形に仕上げて行きます。

なので、どうしても無難な家になりがちです。

ですので、前もって自分達の理想の間取りを考えておくことが必要です。

 

私もエクセルなどを使った間取りを作ってみましたが、やはりちゃんとした設計士さんに作ってもらった方が見栄えが全然違います。

以下の様な無料のサービスを上手く活用し、家づくりについて十分予備知識を持ってから行くとハウスメーカーのカモにもなりませんし、納得した間取りで家づくりが出来ると思います。

間取りの”無料”見積もりはこちらから ≫
入力はたった3分なので是非この機会に活用してみて下さい。

2世帯住宅も対応しています。

少しでもこの記事が家づくりの参考になりましたら幸いです。

こちらではWEB内覧会もやっています。

【i-smart 一条工務店】30坪コンパクトハウスの1階WEB内覧会のまとめ

2019年に建てた我が家のi-smartはいくらした?

【一条工務店i-smart】総額公開!2019年に建てた家にいくら支払った?

本日もここまでお付き合いいただきありがとうございました。

それではまた次回!

ちゃぺでした。