【実績&ポートフォリオ公開】米国株投資を始めてみた結果!配当は?株価は?






こんにちは、ちゃぺです。

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。

 

2019年1月から米国株式を本格的に始めて丸2年が経過しました。

新型コロナの影響や米国の大統領選挙など、色々とイベントがありましたが相場から退場することもなかったので、取り合えずホッとしています。

今回は、2020年のまとめと振り返りを行い、2021年や今後の投資方針などを緩く決めておきたいと思います。

あまりガチガチに決め過ぎてしまうと、2020年に起こった新型コロナのパンデミックの様な想定外のイベントに対応できなくなると考えているからです。

子ども用のジュニアNISAやiDeCoでは、中長期投資で定期的に決まった銘柄を別途買付けしているので、自分の米国株口座はその時々の状況に応じて資産の最大化を狙って行くつもりです。

 

これから株式投資を始めてみようと考えている方の参考になりましたら幸いです。

2020年の売買実績まとめ

ちなみに米国株投資を始めた1年目の2019年を振り返るとこんな感じでした。

受け取った配当金は$291で値上がり評価益が$1,281、トータルでは$1,572のプラスでした。

2019年末時点でのポートフォリオをセクターでグラフ化すると以下の通り。

『何かよく分からんけど有名で配当を定期的にもらえる銘柄を買っておけば安心かな』と言う、ざっくりとした投資でした。

とは言え、マイナスになっている銘柄や逆に大きくプラスになっている銘柄もあり、『配当も確かに大事だがトータルで利益を出す方が大事では…』と考える様になりました。

 

で、2020年は新型コロナで市場が下落した時に、NASDAQに連動する”QQQ”や”VGT”、ヘルスケアETFの”VHT”などを購入しました。

その結果が以下の通りです。

相場が良かったのもありますが、2020年末時点ではほとんどがプラスとなりました。

 

まとめる、2020年に投資に回したお金は$82,186

受け取った配当金は$785で値上がり評価益が$15,409

また、一部売却や損切りも行いそれらの売却損益は$1,692

2020年を通算すると、$17,887(確定分は$2,477)のプラスとなりました。

ちなみに、ETFの中でも”QQQ”が40%ほどあるので、それをハイテクとしてカウントすると、米国株の中でハイテクの占める割合は50%ほどとなります。

やはり、ハイテクを重視した結果それなりの利益を得られたと思っています。

今までの配当推移を見てみると以下の通りです。

配当の累積は2年間トータルで$1,000を超えました!

高配当を狙うのも1つの投資スタイルなので否定はしませんが、株価が下がるリスクや買うタイミングを失敗するとトータルでは損をしてしまう可能性もあります。

配当が5%以上ではちょっと危険(株価低迷リスク大)で、やはり3%ぐらいが値上がり益も狙えてバランスが良いと感じています。

個別株は管理が大変なので、ETFが配当ももらえて管理も楽で良いと思います。

現金でおいておくなら、VOOやVTIなどへ、少しリスクを取っても良いのならQQQへ、ハイリスクですがリターンも狙るならセクター特化のETFがおススメです(2021年ではクリーンエネルギーとか半導体とか)。

現在、特に配当で生活することはないので、配当としてもらった外貨は次の投資資金としています。

クリーンエネルギーはトレンドでもあるので、時期を見て撤退すると思います。

ハイテク株もコロナ次第ではガラッと相場の流れが変わるので、早めの撤退を心がけます。

テンバガー候補の小型株も、紙切れになるリスクもあるので、そこそこのリターンが得られれば撤退します。

結局はQQQなどのETFに落ち着く様な気もしますが。。。

その結果が上表であり、2019年と比較して、配当金も増えていますし、評価額も増えていますので結果的には良かったのかと思います。

なお、投資額に対しての配当の伸びはイマイチです。

ですが、配当ばかりに目が行くと、それ以上に株価が下がってしまうと精神的にはあまり嬉しくありません。

なので、過度に配当を当てにせず、配当と成長のトータルでリターンを多く見込める企業に投資をして行きたいと思います!

 

毎週末に持ち株の収支報告もやってます!

【2021年第1週】2021年はクリーンエネルギーとハイテク で勝負!国策に乗る! | 一条工務店でi-smartを建てる!? (mame-tyape-house.com)

使っている証券会社は、3大ネット証券のマネックス証券SBI証券です。

マネックス証券の資料請求はこちらから! ≫
SBI証券の口座開設はこちらから!≫
ボーナスは、『貰えるだけありがたい』ということで、お金を生むための投資に大半は回しています。

本日もここまでお付き合いいただきありがとうございました。

それではまた次回!

ちゃぺでした。