【2019年20週目の収支報告】ホールドしていても安心感のある米国株







こんにちは、ちゃぺです。

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。

 

今週も米中の関税問題の見通しがはっきりしないために軟調になりました。

さらに、米政権が中国通信機器最大手ファーウェイへの輸出規制を強め、中国への強硬姿勢が改めて示されました。

一方で、トランプ大統領が、6月28日から29日にかけて大阪で開催予定のG20において米中首脳会談が見込まれることから、引き続き米中の関係に注視する必要がありそうですね。

 

日本企業としては完全にもらい事故だと思うので、そんなことお構いなしに地に足をつけた企業経営を行い、利益を積み重ねて行って欲しい所ですが、そうは行かないんでしょうね!

 

やはり、日本株はある程度撤退して米国株へ軸足を移して行った方が資産運用としては正解な気がしますね。

 

今週は日本株のダメダメさが良くわかる週になりました。

特に、日産、トリドールの決算発表を受けいずれも爆下げしました。

決算内容が悪いだけではなく、株主を平気で裏切ることが良くわかりました。

 

最後までお読みいただければ幸いです。


米国の医薬品メーカーから配当入金

今週は米国バイオ製薬メーカーのアッヴィ(ティッカー:ABBVから配当が$11.55入りました。

現在の保有数は15株です。

 

ABBVは、関節リウマチに効果的な主力薬のヒュミラ、パーキンソン病、アルツハイマー病などの治療薬を製造しています。

バイオ製薬メーカーで高配当株として有名ですね。


配当情報

ABBVの配当情報がこちらになります。

配当利回りは5.39%です!

 

配当利回りが高いこともポイントですが、やはり連続増配年数が46年で配当貴族である所が注目すべき点ですね。

50年を超えると配当王なので目の前です。

 

是非とも頑張ってもらいたいところです!

 

なお、米国株の配当情報はDividend.comで調べることが出来ます。

日本株であれば日経平均株価AI予想で調べることが出来ます。

 

日本企業との比較

つい先日、日産が決算発表を行い、最終利益が前期比57.3%減の3191億円と大幅減益となったことを発表した上で、19年度の配当を40円に大幅に減配すると発表しました。

 

昨年以降ゴーンショックが日産を襲ったわけですが、株価はそれなりに耐えてここ最近は下値を切り上げていました。

ですが、この発表を受けて一気に最安値を更新しました。

いとも簡単にホールドしている株主を裏切る所はガッカリしますね。。。orz

トヨタの配当利回りが3%ほどなので、今まで6%ほどをキープしていたことを考えると当然化もしれませんが、日本株から米国株に軸足を移している理由は正にこれになります。



株価

ABBVの5年株価推移になります。

2017年半ばから上昇し一時は$120まで行きましたが、現在は$80ほどをウロウロとしています。

 

今の所、稼ぎ頭である主力薬のヒュミラのお陰でフリーキャッシュフローは潤沢にありますので、引き続きホールドして配当を再投資していきたいと思います。


現在のポートフォリオ

米政権が中国通信機器最大手ファーウェイへの輸出規制を強めることを発表したためか、VZやTなどの通信関係が上昇しています。

 

一方、少し前に買った3Mが絶賛下落中!

中国との貿易関係が悪化すると業績に影響するんでしょうか・・・

ん~、ちょっと予想外。。。



保有株と主要インデックス

今週は後半になってようやく日経が上昇。

 

G20で米中首脳会議をするそうですが、それまでは一進一退ですかね。

日米も決算が出揃ったのもあり、上昇する理由がありません。

 

決算では日産も大きく下げましたが、持ち株のトリドールも爆下げでした。。。

こちらも決算がイマイチで、配当も減配と。

そりゃ爆下げにもなりますよね。。。orz

19年3月期の連結税引き前利益は前の期比81.4%減の13.3億円に落ち込んだが、20年3月期は前期比3.6倍の48.4億円に回復する見通しとなった。

同時に、前期の年間配当を30円→1.5円(前の期は26.5円)に減額し、今期は前期比11円増の12.5円に大幅増配する方針とした。

株探ニュースより



今週の取引

今週はマネックスでタカラトミーを売却。

決算を好感して、日経が下がっている時に上昇したので利益を確定させました。

 

そのた、SBI証券でABBV、One tap BUYでP&G、Appleから配当金がちょろっと入りました。

2019年はこれで101,242円の利益です。

一応、月当たり2万円の利益を確保しています。



まとめ

 

今週は2019年20週の収支報告になりました。

 

ようやく令和になって上昇してきましたが、まだまだ弱いですね。

Sell in May”の格言通りとなるのか、それに反して上昇するのかは分かりませんが、株価に一喜一憂せず気長に米国投資をしていきたいと思っています。

 

One tab BUYでは、決めた銘柄を迷うことなくコツコツと積み立てることが出来てリスクを分散できるので良いと思います。

現在は、Coca-ColaとIBM、Exxonを毎月5,000円ずつ積み立てています。

これにGoogleのAlphabetを追加しようと計画中です。

【儲かる?儲からない?】2018年1年間のOne tap BUY(ワンタップバイ)での運用成績を公開

 

過去の成績はこちらにも書いていますのでよろしければご覧ください。

【2019年19週目の収支報告】それでも淡々と米国株を積み立てる!

【2019年18週目の収支報告】連続増配60年の配当王を新規購入

本日もここまで読んでいただきありがとうございました。

それではまた次回!

ちゃぺでした。






返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です