【一条工務店 i-smart⑰】WEB内覧会 2階主寝室の間取りの3つの後悔







こんにちは、ちゃぺです。

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。

 

久々のWEB内覧会になります。

2階部分のWEB内覧会が進まない理由は、部屋が散らかっているため写真を撮れていないからです。。。

生活は大体1階で済みますし、2階はほとんど寝るだけなので誰もケアしていないんですよね (;^_^A

妻は色々と整理してくれていますが、子供部屋なんかはゴチャゴチャです。

 

ですので、先ずは主寝室側からになります。

 

以前、主寝室側のバルコニーの不満については以前書いたのですが、実はまだ2つほど後悔している点があります。

今回はそちらも紹介したいと思います。

 

最後までお付き合いいただけますと幸いです。


2階主寝室の間取り

間取りはこんな感じです。

階段を上がって右手に引き戸があるこちらになります。

写真は寝室内から撮った写真なので、右手に階段、扉となります。

 

広さは収納部分を除いた6.5畳となります。

まぁ寝るだけなのでそこまで広くなくても良いのですが、あまり窮屈過ぎてもと言う事でこれぐらいの広さになりました。

 

収納として、私と妻のクローゼットが1つずつとスライド式の本棚があります。

図面では分かりにくいですが、実際に生活をしてその後悔ポイントがよく分かりました

主寝室の3つの後悔ポイント
1.使えないバルコニー
2.収納が少ない
3.風通しが悪い

では、これからこの主寝室の後悔ポイントを詳しくご紹介します。

 

後悔ポイント1:使えないバルコニー

こちらにも書いていますが、このバルコニーまだ使いこなせていません。

【一条工務店 i-smart】新築2階のバルコニーは 後悔だらけ・・・

理由は洗濯物を干すことを想定しておらず、物干し金物を取り付けていない、さらには軒が短いので雨ざらしにあうために使い勝手が悪くオブジェとなっています。

 

また、最近雨が降りましたが、軒がないため雨が直で窓に当たるので窓周辺が汚れやすくなります。

ですので、軒はしっかりと付けてもらうことをおススメします

必要以上に伸ばすとオプション費用が発生しますが、標準内である程度は伸ばせますので設計士さんにご確認下さい。

 

今から軒延ばせられないかなぁ・・・と思う今日この頃です。

 

こんなことなら、”バルコニーにせずこの部分を室内に持ってきて吹き抜けにでもすれば良かったかなぁ”と今更ながら思っています。

 

用途を考えて間取りを作らないからこんな事になってしまいました・・

 

後悔ポイント2:収納が少ない

主寝室には私と妻用にそれぞれクローゼットを付けています。

こんな感じです。

先ずは扉を閉じた所。

次に開いた所。

妻と私ではちょっと違うタイプのクローゼットにしました。

左側が私のクローゼットで品番がSQC-45D、右側が妻で品番がSAC-45Bとなります。

使い勝手としては妻の方が使いやすいと思います。

私が選んだ左側のクローゼットは使い勝手が良さそうに見えて使い勝手が悪く収納はイマイチです。

 

両方ともそれなりには使えますが、これだけで春夏秋冬全ての衣類や小物、カバンが意外と多くて入らないんですよね。

 

そのため、今考えている対策は以下の3つです。

対策
1.先ず断捨離をして余分な物を処分する
2.本棚の部分を活用して収納する
3.屋外に物置を設置してそちらに移せる荷物を移し、室内の収納スペースを増やす

1は、メルカリを使用してボチボチ断捨離をしています。

【メルカリ 断捨離】おもちゃ、キャラクターグッズは意外と売れます!

2は、写真にもあるスライド式の本棚の一部を収納として使おうと考えています。

3は、別途屋外用の物置を買い設置する予定です。

もう少し収納は多く作っておくべきでしたね。。。

ちょっと収納多いかな』、ぐらいのスペースを確保しておいた方が良いですね。

 

後悔ポイント3:風通しが悪い

夏場や冬場なら気にならないのですが、春先や秋などちょっと換気をしたい時にやはり気になります。

今の主寝室の間取りでは、開けられる窓が1面しかない為、効率的に換気ができ辛い構造になっています。

風通しを考えるのなら、1部屋に最低2か所は開閉できる窓を設置し、風の入口と出口を作るべきでした。

さらに、風向きを考えて効率的に風通しを良くするのなら、引き違い窓よりも縦すべり窓を採用した方が良いです


まとめ

今回は久々のWEB内覧会の続きで2階の主寝室でした。

我が家の場合、致命的ではないのですが、主寝室に関して3か所も後悔ポイントがありました。

普段の生活で困る事はないものの、やはり後々『あぁしとけばよかったなぁ』とブルーになります (;^_^A

 

間取りは自分達で決めていくものですが、やはり設計士さんの腕や経験によっても決定してしまいます。

残念ながら、一条工務店では仮契約を済ませないと間取りの図面を作ってくれません。

他のハウスメーカーでも図面を作るだけで費用が発生するケースもあります。

間取り作りの無料見積もりはこちらから!
ですが、今ではネットで簡単に間取りの図面を無料で作成してくれるサービスもあります。

自分も早くから知っておけば今回の様な後悔はなかったかもしれないのですが、今となっては後の祭りです。、、

私の失敗談をご参考に活用して頂き、是非後悔の無い家づくりをしてください!

本日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

それではまた次回!

ちゃぺでした。