【超重要】ジュニアNISA非課税枠の期限はいつ?取引最終日じゃなく受渡日!







こんにちは、ちゃぺです。

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。

にほんブログ村 投資ブログへ
にほんブログ村
今年から、子ども用にジュニアNISA口座を開設し取引を開始しました。

【ジュニアNISA開始】運用1か月目の実績公開!子どものための資産運用! | 一条工務店でi-smartを建てる!? (mame-tyape-house.com)

対象銘柄は、海外メイン(特に米国株)で投資信託(SBI VOO)やETF(上場投資信託:QQQ)を中心に、米国の個別株を少々購入しています。

ジュニアNISAの非課税枠は80万円なので、『2020年は非課税枠いっぱいまで使い切るぞ!』と思っていたのですが、私の不注意で全額使い切ることができませんでした。。。

今回は、今年以降で二度と同じ過ちをしないための教訓として、NISAの非課税枠はいつまでに使い切らないとダメなのかをまとめた物にまります

これからNISAやジュニアNISAを始めてみようと考えている方の参考になりましたら幸いです。


NISA非課税枠は取引日ベースではなく受渡日ベース

子ども達用のジュニアNISA口座はSBI証券で開設です。

12月の取引最終日まで行けるのかと思っていましたが、そんなことはなく、国内株式、外国株式、投資信託などで結構異なります(以下のSBI証券から引用)。

クリスマス休暇(25日)があったり、土日があるのでなるべく余裕を持った取引にしておかないとダメです!

✔ 国内株式

約定日の2営業日後受渡日で、まぁまぁ余裕あり。

 

✔ 外国株式

国により前後する。25日がクリスマスで休場なのでさらに余裕を見ておく必要がある。

大体クリスマスイブ前後

 

✔ 投資信託

株式と同様に受渡日基準となるので、2020/12/30(水)までの受渡が2020年の取引となる。
また、株式投資信託の場合、約定日がご注文日の当日、あるいは、約定日がご注文日の翌営業日などの銘柄があり、かつ、受渡日が3営業日後、4営業日後などの銘柄もある。

投資信託はさらに複雑で、注文日、約定日、受渡日と3段階あり、銘柄によって異なるのでさらに余裕を見ておく必要あり!

こちらも、クリスマスイブ前後が最終日

つまり、12月20日前後にはNISAの非課税枠を使い切っておかないと『もったいない』と言う事でした。

今回は、12月の落ちた所で最後の買いを入れようと思っていたのですが、12月半ば以降ほとんど下がらずにズンズン上がって行って結局買えず仕舞いでした。。。

(青:ダウ、緑:S&P、黄:NASDAQ)

Yahoo financeより

と言う訳で、子ども2人とも5万円ほど微妙に非課税枠を使い切らずに2020年は終わってしまいました(上:長女分、下:長男分)。

VOOかQQQでも買っておくべきでした。。。

(くれぐれも投資は自己責任でお願いいたします)



まとめ

今回は、NISA非課税枠の年末年始についての注意点でした。

 

年末は仕事やプライベートも慌ただしくなりますし、クリスマス前後は株価が上がりやすいことを考えると、今年は12月とは言わず、11月ぐらいには非課税枠を使い切りたいと思います。

ジュニアNISAは18歳まで払い出し制限がありますので、大学での学費などの将来に向けた長期による資産運用です。

さらに、配当や運用益は通常約20%ほどが税金として没収されてしまいますが、それが全て非課税になるお得な制度なので、しっかりと使いこなして子ども達へと受け渡したいと思います。

折角ある制度なので、今年こそは最大限活用したいと思います!

\NISAを始めるならマネックス証券/
マネックス証券
米国株投資を2019年から始めているので、その配当や値上り益も公開しています。

【実績公開】米国株投資を始めてみた結果!配当は?株価は?

1,000円から米国の大企業、AppleやAmazonの株を買うことも可能です。

【2020年14週目】少額で投資するチャンス!One tap BUYは1000円から投資ができるスマホ証券!

▷1,000円から大企業の株主⁉◁
One Tap BUY
それではまた次回!

ちゃぺでした。