【iDeCo(イデコ)運用 33カ月目】米国株中心で運用中!月々12000円積立で現在運用リターンは28.9%!







こんにちは、ちゃぺです。

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。

今回は、iDeCo(イデコ)の33カ月目の運用結果になります。

過去の成績はこちら⇒【iDeCo(イデコ)運用 31カ月目】月々12000円積立で総額372,000円はいくらになった?自分年金で積極運用中!

NISAやiDeCoのメリットとは…

NISAなら運用益は非課税、iDeCoも運用益が非課税であり、さらに掛金に応じて所得控除も受けれます。

▶ iDeCoの掛金額、月額5,000円以上で1,000円単位で決められて、所得や掛け金に応じて節税できる金額が決まってきます。
私の場合、月々の上限額は12,000円節税額は43,200円となっています。

自分の節税額を知りたい方は金融機関などでシミュレーションできますので、一度計算してみると分かりやすいかと思います。

▶【公式】みずほ銀行HP iDeCoの3つの税金メリット

これからiDeCoを使って資産運用を始めてみようと考えている方の参考になりましたら幸いです。


iDeCo(イデコ)33カ月目の運用実績

✓掛金配分と対象商品

現在の掛金配分は以下の通りで、NASDAQ、S&P500、全世界を2:1:1として運用を行っています(マネックス証券のスクショ)。

各商品の説明は以下のリンクを参照ください。

▷ 大和アイフリーNASDAQ(iFreeNEXT NASDAQ100インデックス)
▷ 三菱U国際スリム米国SP500(eMAXIS Slim米国株式S&P500)
▷ 三菱U国際スリム全世界株式(eMAXIS Slim全世界株式(オールカントリー))

経費がなるべく掛からず、日本ではなく世界、特に米国の企業成長(株式投資)をメインにしています。

月々12,000円で現在396,000円を拠出していますので、iDeCoの運用期間は33カ月目になります。



✓運用実績

現時点での運用金額や評価額は以下の通りになっています。

これだけではちょっと分かりづらいので、詳細は以下の様になっています。

いつも思うのですが、この表示の仕方は非常に分かりにくいと思いますので、少し解説をすると以下の通りかと自分で解釈しています。

拠出金(支払ったお金):396,000円
手数料:8,298円

運用金額:387,768円
評価額:510,479円
評価損益:114,479円(上記のスクショには手数料分が加味されていない)
リターン(拠出金に対して):28.9%(拠出金396,000円に対して)

今までの推移は以下の通りになっています。

評価額や評価損益が少し異なりますが、数値の反映タイミングが少し異なるためだと思います。

最近、NASDAQの調子が悪くて足踏み状態なので、しばらく伸び悩みそうな感じです。

とは言え、ハイテク企業はこれからも他の産業に比べると伸びしろがあると思っていますので、あくまで年金なので長期目線でコツコツ積立を行い途中で止めてしまわないこと、が大事だと思います。

iDeCoの商品を選ぶポイント!
✓ 手数料が高くないか?👉手数料が高いと銀行や証券会社が儲かるだけ!
✓ 今後も成長が見込めるか?👉下落する相場に投資する必要なし!
✓ 運用期間はどれくらいか?👉期間が短いのならリスクは低めに!
✓ リスクはどれくらい取れるか?👉投資は余裕資金で!

ちなみに、iDeCoでは10%以上の運用利回りを狙って60歳までに1000万円を達成したい、と思っています!

以下は楽天証券での皮算用になります。

毎月12,000円でも21年で頑張って10%リターンを得られれば1000万円は不可能ではありません!

最新のまとめは動画でもUPしています(節税の分ちょっと間違ってるかも)



まとめ

今回は、iDeCo(イデコ)33カ月目の運用実績となりました。

 

iDeCo(イデコ)は始めるまでがちょっと手間で時間が掛かりますが、一旦始めてしまえばあとはほったらかしで大丈夫です。

たまに変更しても良いかと思いますが、全世界投資の1本だけでも良い様な気もします。

世界経済がこのままずーっと下落し続けることはないと思っているからです。

取り合えず目標はiDeCo(イデコ)で60歳までに1,000万円目指します!

我が家のお金の貯めかたを動画でまとめています!

国も企業も個人の面倒を見てくれる時代ではなくなり、リスクを取って運用を自分でする人には税控除と言う形で支援をしてくれているので、最大限活用しないともったいないです。

▽ iDeCoを始めるならマネックス証券 ▽
マネックス証券 iDeCo
米国株投資を始めて3年目になります。

コロナ禍の影響もありましたが、順調に資産は増えています。

【実績&ポートフォリオ公開】米国株投資を始めてみた結果!配当は?株価は?

1,000円から米国の大企業、AppleやAmazonの株を買うことも可能です。

【2020年14週目】少額で投資するチャンス!One tap BUYは1000円から投資ができるスマホ証券!

◤1,000円から大企業の株主⁉◢
One Tap BUY
それではまた次回!

ちゃぺでした。