【FX初心者の疑問】FXは資産運用や副業として使える?株取引との違いや付き合い方について解説






こんにちは、ちゃぺです。

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。

 

10月末ぐらいにFXの口座を開設してそろそろ2か月が経とうとしています。

今の所、多少の”損切り”はありましたがが”大負け”は何とか免れている状況です。

ちなみに、11月の1か月では運用資金50,000円で9,000円ほどの利益が出せました。

【FX運用 1か月目】初心者のFXトレード記録

単純に計算すると、月利で18%(=9,000円÷50,000円×100)ぐらいになります。いわゆる”ビギナーズラック”と言うやつですね( ̄ー ̄)

 

油断していると『あっ!』と言う間に損をしてしまうので、少しずつポジションを大きくしながら勉強をしている所です。

株式投資と同じく、過去の振り返りを行いつつ損を最小にして稼げる力を身に付けて行きたいと思っています。

 

FXもうまく付き合えばちょっとした小遣い稼ぎはできるのでは?と考えています。

何事もそうですが、多少のリスクを取らないとリターンを得ることはできないと考えていますので。

 

昔の私の様に、興味はあるけど、どんな感じか分からないと言う人もたくさんいると思うので、参考にして頂けたら幸いです。


FXを始めた理由

『FXで会社の金を横領』と言うニュースをたまに聞いていたので、『FXって何かよく分からなくて怖いなぁ』と言う悪いイメージがありました。

ですが、毎日のニュースで為替に関する情報を見聞きしますし、”為替が1円円高になればトヨタの利益が400億減る”と言われています。

全く我々に関係ない話でもないですし、仕事もグローバル化しているので、”社会人として”為替の事を知らないよりも知っていた方が良いと感じたのがきっかけです。

 

また、『今後も日本の経済が発展し続ける』と思えば、日本円を保有していても良いと思います。

ですが、『世界に類を見ない少子高齢化』『出生率低下による人口減少』などを考えれば、やはり全財産を日本円だけを保有するのは危険かなと思っています。

 

最近では、トランプ大統領のtwitterでの発言で株価の影響も受けますし、それに連動して為替も動きます。

来年、アメリカでは大統領選挙がありますので、その結果次第では株価も為替も影響を受けると思います。

つまり、政治と経済は密接に関わっていることから、為替を身近に取り入れることで政治にも興味を持つことにもつながります

 

なので、”為替も勉強”と思ってやり始めることにしました。

 

こちら(なぜ為替が変動するのか?ヒロセ通商)にも色々と書かれていますので、参考になります。

まだ短期間ですが、株取引との違いを以下にご紹介したいと思います。


1.取引時間に縛られない

サラリーマンなら本業の仕事がありますので、昼間チャートに張り付いてリアルタイムで取引をすることはほぼ不可能です。

株取引であれば、夜にトレンドを見て指値や成行で売買することも可能ですが、なかなか思い通りには行きません。

 

ですが、FXなら仕事前や仕事終わりの通勤中、寝る前などでも取引ができます

つまり、ちょっとした隙間時間を活用して”自分の裁量”で、24時間取引をすることができます

最近では、AI技術を使って自動売買システムもありますが、最初はそれらを使うのではなく”自分で売買をしてみて感覚を掴む”ことが必要だと思います。

 

株は中長期、FXは短期と使い分けができると、資金の機会損失を防ぐことができると考えています。

 

2.為替差益だけでなくスワップポイントを獲得できる

”ポイント”となっていますが、ちゃんとしたお金でもらえます。

株は値上がりや値下がりによる差で利益を狙ったり、配当で利益を得られます。

FXも同じように、為替差益やスワップポイントで利益を稼げます

(以下、DMM FXより引用)

<為替差益による利益>

<スワップポイントによる利益>

USDを1lot分(=10,000通貨)買えば1日当り50円ほどのスワップポイントが付きます。

値上がりや値下がりによる利益を”キャピタルゲイン”、配当やスワップポイントによる利益を”インカムゲイン”と言います。

 

株だったら、頻繁に売買をすると証券会社に手数料を多く取られますし、配当も年に2回とかなのでなかなか利益を得る実感がありません。

ですが、FXでは手数料が小さいために頻繁に取引をすることもできますし、コツコツと毎日スワップポイントを稼ぐことも可能です。

<DMM FXの手数料>

スワップポイントとは2国間での金利差で発生しますが、これは毎日受け取ることができます。

例えば、日本円を売って金利の高いドルを買えば、【ドル】-【円】の金利差分がスワップポイントとしてもらえます。

 

株とは違って、スワップポイントを狙ってコツコツと利益を出すこともできるので、株とは違った戦略を立てられます。

私が使っているDMM FXでは以下のようなスワップポイントになっています。

ただし、金利の高い通貨を売ってエントリーした場合、逆に金利差分のスワップポイントを払わなければいけないので注意が必要です。


3.”買”ではなく”売”からの取引もできる

株では”売り”から入るためには信用取引口座を開設する必要があります。

ですが、FXの場合はそれが必要なく、口座開設をすればいきなり『売り』から入ることが出来ます。

どちらからでもエントリーできるので、うまく流れに乗れば両方で利益を出すことも可能です。

 

また、”売”と”買”の両建てをしてリスクヘッジをすることで、損失の拡大を防ぐことも可能になります。

 

4.少額での取引ができる

各通貨で証拠金が変わってきますが、DMM FXでは大体4,000~50,000円で1lot(=10,000通貨)の取引が可能です。

 

株取引では、基本100株単位なので10万円近くの資金が必要ですが、FXではレバレッジをきかせているので、4,000~50,000円と少額での取引が可能となっています。

(株取引では、ミニ株などの制度もありますが、取引制限があったり、手数料が高かったりとデメリットもあります。)


まとめ

今回は、短期間ですが初心者がFXをやってみた感想や株取引との違いについてでした。

 

FXをやり始めた感想の話となりましたが、デメリット(リスク)もありますので、それはまた私の失敗談を踏まえてご紹介したいと思います。

一番怖いのは、”FXはゼロサムゲーム(手数料を考えるとマイナスサム)”と言われていて『誰かが勝つと誰かが負ける』であることです。

株取引であれば、持ち株の企業業績が上がれば利益の一部をみんなで享受できますが、FXの場合は売った買ったの勝負です。

 

向き不向きがあるとは思いますが、個人的には”再現性のある”資産運用には向いていないと考えています。

とはいえ、ある程度経験を積んで自分のスタイル(勝ち筋)を確立できれば、『副業』として使えるのではないかと思います。

 

何事にもリスクはありますので、”自分に合った資産運用”をするのが大事だと思います。

ボーナスが出た方もいると思いますし、年末年始でお休みの方もいると思いますので”資産運用””副業”などについて考えてみても良いのではないでしょうか。

少し将来のことを考える時間もあると思いますので、そのきっかけになればと思います。

使っているのでDMM FXで、20,000円のキャッシュバックもやっています!

\FXを始めるなら≪DMM FX≫!/
DMMFXの口座開設はこちらから ≫



関連記事です。

株の収支報告もやっています。

【2019年50週目】米中貿易交渉・英総選挙は無事通過!株価は上!?

普通のサラリーマンでもできる副業の実績を公開しています。

【2019年11月】サラリーマンの副業実績【不労所得】

今の生活を考えることも大事が、将来の不安も何とかしなければとiDeCoを運用中です。

【iDeCo(イデコ) 自分年金】16か月目の運用実績 利回り10%超え!?

サラリーマンでもプラスアルファの能力で給料アップが見込めます。

【元海外駐在員】10年ぶりに受けたTOEICの結果と英語の必要性について

少しでも投資の参考や始めるきっかけになれば幸いです。

本日もここまで読んでいただきありがとうございました。

それではまた次回!

ちゃぺでした。