【一条工務店 i-smart】ついに床暖ON!冬に床暖をいれるタイミングや設定温度について







こんにちは、ちゃぺです。

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。

 

早速ですが、我が家もとうとう床暖をONにしました。

11月下旬ごろまでは、朝晩が少し冷え込むぐらいで日中の室内はまだ暖かく床暖は付けていませんでした。

ですが、12月上旬を過ぎて天候も悪かったりすると、日中も温度が上がらず足元も冷える日が続いたことから、床暖を入れることになりました。

特に、お風呂場は15℃、洗面所は17℃と肌寒く感じました。

今回、床暖をつけてみた結果も踏まえてまとめてみましたので、よろしければ最後まで見て頂けると嬉しいです。

– この記事が参考になる人 ‐
・床暖をいれるタイミングを知りたい人
・暖を新築に取り入れるか悩んでいる人
・一条工務店の床暖がどんな感じか知りたい人



床暖を入れたタイミング

我が家が床暖をいれたタイミングですが、室温が継続して20℃を下回った時です。

外気温が○○℃になったら!としても良いのですが、外気温が下がったとしても、一条工務店の家は”高気密・高断熱”のため、直ぐに冷えることはありません

 

もし、少しでも床暖を入れるタイミングを遅らせたいなら、窓からの冷気を遮断するのが効果的です。

つまり、一条工務店の家であれば、ハニカムシェードを常におろしておけば外気は入って来にくくなります

ただそれをしてしまうと、日中でも室内が暗くなってしまうので、我が家の場合、夜寝る前にハニカムシェードを下して起きたらハニカムシェードを上げるようにしていました。

 

あとは、室内でも厚着をしたり、靴下を履いたり、モコモコのスリッパを履くなどでも良いかと思いますが、メンドクサイので私はやりません。

 

ただ、昔住んでいた賃貸のマンションでは、冬場、廊下や風呂場、キッチンなどはいつも寒く感じてブルブル震えていました

ですが、今住んでいる一条工務店のi-smartでは『ちょっと寒いな』と言う感じで、床暖をつけていなくても寒さが和らいでいるのは間違いありません。

 

床暖をつけていなくても、特に風呂上りは急いで服を着たり、わざわざストーブで脱衣所を暖めておくこともなくなりました。

これなら、”ヒートショックが起こりにくい”と言われているのがよく分かります。

– ヒートショックとは ‐
気温の変化によって血圧が上下し、心臓や血管の疾患が起こる現象。
最悪はそれがきっかけで心筋梗塞不整脈脳梗塞を起こし死亡してしまうケースもあります。
外気温が低い冬場に起こりやすく、高齢者や生活習慣病の方は注意が必要と言われています。
冬場の住居内の温度管理と健康について 東京都健康長寿医療センターより



床暖の賢いつけ方

今まで床暖をつけていなくてこれから立ち上げる場合に電気代が最も掛かります。

そのため、23時~7時の「夜間」の時間帯に立ち上げるのが正解です。

我が家は関西電力ですが、もっとも電気単価が安いからです。


関西電力HPより

夜間と日中では約3倍、夜間と夕方では約2倍電力単価が違いますので、床暖を立ち上げる際は23時以降がベストです。

また、『ジワジワ上げるよりも一気に上げて部屋が暖まってから温度を下げた方がいい』、と一条の営業さんに言われたので、その通りやってみました。

最初は38℃に設定して、ある程度暖かくなったのを確認してから28℃に落としました

 

今の所、この設定で室内は20℃をキープできています。

ちなみに、今は外気温は5~10℃ぐらいなのでもしも氷点下になった場合、もう少し設定温度を上げる必要があるかもしれません。

また、お風呂場も洗面所も21℃としっかりと上がっていました。

なお、今回床暖をつけたのは取り合えず1階だけです。

2階は寝るだけですし、特に毛布が要るほど寒いと感じないので今の所は様子見です。

 

夜はつけたままにして、昼間は止めても良いのですが、つけ止めをすると電気代が余計に掛かると言われていますので、エアコンと同じ様に24時間フル運転で様子を見たいと思います。


床暖を初めてつけた感想

床の冷たさは完全になくなり、家から寒い場所がなくなりました

ストーブやエアコンで暖房を入れるとその部分だけが暖かくなりますが、一条工務店で床暖をつけると家全体が暖められている様に感じ、寒さを感じなくなりました。

寒い外から帰ってくると、『この家暖かい』と感じます。

 

また、床暖は、足元から暖かさが来ますので、上半身と下半身での温度差を感じることもなく不快さもありません。

ストーブやエアコンだと上半身は暖かいけど、足や指先が冷たいと言うのがありましたが、そんなものは感じません。

 

また、”一条の家は乾燥しやすい”と聞いていましたが、今の所湿度は50%とちょうど良いぐらいで全く問題なく、乾燥がヒドイとも感じません。

もう少し寒くなってからどうなるかですね。


さいごに

今年から一条工務店のi-smartに住みだして、初めての冬を迎えて床暖をつけた感想などのまとめになりました。

 

床暖そのものもはもちろん良いのですが、やはり家のつくりが高断熱・高気密なため、床暖の効果が十分に発揮されている様に感じます。

普通の家で暖房を入れたり、床暖をつけてガンガン部屋を暖めれば寒くはないと思います。

しかし、断熱性や気密性が低いと、せっかくの暖気が直ぐに逃げてしまいますので、冬の間ずーと暖房器具をつけ続けなければいけません。

そうなるとやはり電気代に跳ね返ってくると思います。

 

賃貸マンションに住んでいた時の電気代はこちらにも書いていますが、12月は1万5千円ほどかかっていました。

その電気代が床暖でどうなるか?ですね。

 

12月半ばには電気代の請求書が来ますので、その結果もこのブログで公開したいと思います。

 

一条工務店は全館床暖房で住み心地は良いのですが、間取りで失敗した点が多々あります。

やはり注文住宅は2、3回建てないと満足した家はできないんなぁと言うのが正直な感想です。

以下の様な無料のサービスを上手く活用し、家づくりについて十分予備知識を持ってから行くとハウスメーカーのカモにもなりませんし、納得した間取りで家づくりが出来ると思います。

入力はたった3分なので是非この機会に活用してみて下さい。

 2世帯住宅も対応可能です。

少しでもこの記事が家づくりの参考になりましたら幸いです。

こちらではWEB内覧会もやっています。

【i-smart 一条工務店】30坪コンパクトハウスの1階WEB内覧会のまとめ

2019年に建てた我が家のi-smartはいくらした?

【一条工務店i-smart】総額公開!2019年に建てた家にいくら支払った?

本日も最後までお付き合いいただきありがとうございました。

それではまた次回!

ちゃぺでした。