【一条工務店 2019年12月】30坪 3LDK 4人家族の冬の電気代!






こんにちは、ちゃぺです。

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。

 

12月も半ばを過ぎて結構冷え込んできました。

一条工務店は”高断熱・高気密”が強みとは言え、やはり寒くなって来たので我が家もとうとう床暖房を入れました。

 

そこで今回は、12月分の電気代の紹介と合わせて、電気量の推移や来年に向けた改善ポイントなどをご紹介したいと思います。

 

最後までお付き合いいただけますと幸いです。


2019年12月分の電気代

早速、我が家の12月の請求金額がこちらになります。

7,856円となりました。

期間は、2019年11月18日~12月15日までの28日間になります。

 

2019年11月の電気代が6,211円だったので、1,645円、何と26%のアップになりました!

 

2019年4月から2019年12月までの電気料金の推移は以下の通り。

11月も高かったのですが、それを上回ってしまいました。。。

床暖をONにしたのは、12月8日の夕方で、8日間ほどの稼働でこれなのでちょっと先行きが心配です。

【一条工務店 i-smart】ついに床暖ON!冬に床暖をいれるタイミングや設定温度について



床暖を付けた時の電気消費量の推移

実際に12月8日前後における電気消費量の推移がこちらです。

恐らく既に一条工務店に住んでいる方なら、タイマーなどを使って”ナイトタイム”に床暖をつけるのが基本だと思います。

理由は簡単で、”夜中の方が電気単価が安いから”です。

我が家は関西電力の管轄内なのですが、電気単価は以下の様になっています。

我が家の場合、週末のリビングタイムから付けてしまったので、これは次回への反省点だと思います。

来年は、最高気温が10℃ぐらいで最低気温が5℃ぐらいになるぐらいに、夜間で床暖をつけたいと思います。

 

次に、床暖を付ける前後における電気消費量の詳細な推移を見てみます。

・床暖つける前(12/7)

電気使用量は合計で11.3kWhでした。

・床暖つけた日(12/8)

電気使用量は13.7kWhでした。

夕方4時ぐらいから床暖を付けたのでそこから電気消費量が跳ね上がり、5時間ほどは高い消費量になっています。

 

・床暖つけた翌日(12/9)

電気使用量は15.3kWhでした。

最低気温が低かったせいなのか、前日に使ったお湯の量が多くてエコキュートでの使用量が多くなったのか定かではありませんが、電気消費量が最も多くなってしまいました。

 

・床暖つけた翌々日(12/10)

電気使用量は11.4kWhでした!

家が暖まったせいなのか、全体的に電気消費量は下がりました。

 

やはり、床暖をつけた日とその翌日は”家全体を暖める必要”があるため、電気代の消費が激しい感じです。

しかし、翌々日には床暖をつける前の消費量とほぼ同じぐらいのレベルになる様です。

 

外気温の影響で左右されることもあるかもしれませんが、電気消費量を見ている限りでは、冷え込んだとしてもそこまで劇的な増加にはならないのでは?と思っています。

 

12月8日以降、床暖は24時間つけっぱなしなので、次回の電気代がどうなるか楽しみです。

ちなみに、床暖は1階のみで2階までつける必要は今の所なさそうです。


世間一般の光熱費との比較

我が家の光熱費だけでは、高いのか安いのか分かりにくいので、”総務省”がとりまとめているデータと比較してい見ます。

ザッと2010年から遡ってみると以下の通りです。

電気代 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2010 11,406 11,545 10,880 10,367 9,350 7,872 8,122 10,273 11,533 9,584 8,274 9,000
2011 11,622 12,369 11,045 10,152 8,824 7,644 8,163 9,262 9,969 8,886 8,041 9,114
2012 12,206 12,986 12,291 11,192 9,561 7,975 7,869 9,768 10,629 9,222 8,524 10,160
2013 12,942 13,178 12,271 10,362 9,547 8,331 8,848 11,009 11,736 9,770 9,465 10,627
2014 13,857 14,375 14,051 11,901 10,364 9,148 9,056 10,957 10,891 9,633 9,312 10,895
2015 15,107 15,280 14,344 12,287 10,488 8,889 8,697 10,859 10,093 8,724 8,434 9,514
2016 12,319 14,001 12,819 11,144 9,394 7,969 7,911 9,394 10,031 8,946 8,057 9,211
2017 11,546 12,674 12,216 11,536 9,577 8,233 8,446 10,361 10,538 9,065 8,946 10,600
2018 13,404 14,222 13,534 11,192 9,439 8,286 8,666 10,790 11,354 9,799 8,772 9,719
平均 12,712 13,403 12,606 11,126 9,616 8,261 8,420 10,297 10,753 9,292 8,647 9,871
ガス代 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2010 6,852 7,164 7,475 6,858 6,405 5,474 4,579 3,935 3,561 3,782 4,531 5,555
2011 6,865 7,338 7,124 6,756 6,068 5,177 4,431 3,896 3,643 3,916 4,564 5,611
2012 7,241 7,797 7,707 7,173 6,512 5,337 4,574 4,012 3,478 3,698 4,488 5,908
2013 7,527 7,862 7,540 6,747 6,145 5,211 4,376 3,855 3,525 3,714 4,616 5,830
2014 7,385 7,925 7,756 7,106 6,173 5,265 4,502 3,933 3,721 4,052 4,786 5,906
2015 7,646 8,167 8,103 7,506 6,411 5,177 4,520 3,885 3,464 3,672 4,282 5,086
2016 6,235 7,002 6,802 6,380 5,493 4,552 3,885 3,422 3,095 3,287 3,831 4,784
2017 5,846 6,338 6,219 5,930 5,187 4,342 3,702 3,240 3,141 3,378 4,144 5,231
2018 6,428 6,927 6,661 5,791 5,106 4,290 3,794 3,194 3,035 3,341 3,831 4,719
平均 6,892 7,391 7,265 6,694 5,944 4,981 4,263 3,708 3,407 3,649 4,341 5,403
  1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
電気代+ガス代 19,604 20,794 19,871 17,820 15,560 13,241 12,682 14,005 14,160 12,941 12,989 15,274

11月から12月にかけて電気代とガス代を足した光熱費は、13,000円~15,000円ぐらいのようです。

 

我が家の電気代は、8,000円ほどだったので、世間一般と比較すると”40%~50%近くは安く収まっている”と言えそうです。

 

今後、1~3月は光熱費がピークになってくるので、この時に一条工務店の”性能”が如何に発揮されるかだと思います。


まとめ

今月は我が家の12月分の電気代の紹介となりました。

床暖をつけたことによって電気料金は上がっていますが、劇的には上がっていない様子です。

また、世間一般と比べても安上がりに抑えられているのは非常に助かります。

 

賃貸に住んでいた時は、冬が本当に嫌でした。

取り合えず寒くて暖房をつけるし、結露もひどい、さらに電気代も高かったのですが、電気代が高いと言う感覚もなく、『これが普通』と思っていました。

 

ですが、一条工務店の家に住むようになって、”快適に過ごせるし電気代も安い”と申し分なしです。

 

『床暖を付けて電気代が高くなった!』『一条工務店は光熱費が高い!』、とネットで書かれていたりするのを見ますが、我が家ではそこまでではないな、との印象です。

実際、このブログもリビングで風呂上りに半そでTシャツで書いていますが、室温も23℃ほどありますし寒いと感じません。

 

見た目の格好良さや豪華さも大事かもしれませんが、『性能』に力を入れている一条工務店を是非体験してみて下さい。

少しでも家づくりやハウスメーカー選びの参考になりましたら幸いです。

 

1階のWEB内覧会のまとめはこちらをご覧ください。

【i-smart 一条工務店】30坪コンパクトハウスの1階WEB内覧会のまとめ

今ならネットでも土地探し資金計画間取りなどを作成してくれる無料サービスがあります。

 

いきなり住宅展示場に行って話がトントン拍子に行く場合もありますが、やはりそれだと危険で失敗する可能性も高いです。

我が家の場合、たまたま会社の同僚や知り合いに一条工務店を建てた人がいたので良かったですが、それがないとなかなか住宅展示場にまで足が向かなかったと思います。

以下の様な無料のサービスを上手く活用し、家づくりについて十分予備知識を持ってから行くとハウスメーカーのカモにもなりませんし、納得した家づくりが出来ると思います。

間取りの無料見積もりはこちら!! ≫
是非この機会に活用してみて下さい。

本日もここまでお付き合いいただきありがとうございました。

それではまた次回!

ちゃぺでした。