【一条工務店 2019年11月】30坪 3LDK 4人家族の電気代を大公開







こんにちは、ちゃぺです。

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。

 

少し遅くなりましたが、11月分の電気料金のお知らせが届きましたので、報告したいと思います。

一条工務店は”高気密・高断熱”に優れた家であるため、光熱費が比較的安くなると言われています。

ですが、結局どれくらいの電気料金になるかは分かりにくいと思いますので、我が家を参考にして頂けたらと思います。

◆ このブログが参考になる人 ◆
・どのハウスメーカーにするかお悩みの人
・なるべく節約をして少しでも家計の負担を減らした家を建てたい人
・一条工務店の実際の電気代がどれくらいか興味のある人
住み始めた時からの全てを公開していますので、これからハウスメーカーを建てようとお考えの方の参考になるのではないかと思います。

 

最後までお付き合いいただけますと幸いです。


2019年11月の電気代

それでは早速ですが、2019年11月分の我が家の電気代がこちらです。

2019年10月分の電気代は5,007円だったので、1,204円(24%)のアップとなりました。

『え!?めっちゃ高くなってる!』と一瞬思いましたが、日数が先月が28日で今月が32日と4日長かったのが大きな原因です。

1日にすると分かりやすいと思いますので計算してみると、10月は179円で11月は194円なので、約9%のアップとなりました。

 

ちなみに、我が家の情報は以下の通りです。

・子供2人の4人家族
・太陽光は5.88kWh
・関西電力管轄
ごくごく一般的でどこにでもいる様な家庭だと思います。
ちなみに、まだ床暖房は使っていないので何が原因でアップしたのかを以降で解説してみます。



電気代の詳細を比較してみる

我が家は関電なのですが、HPからアクセスすると以下の様に詳細なデータが入手できます。

はぴeみる電 [関西電力]はこちら

先ずは2019年11月分の電気使用量の推移です。

次に2019年10月分の推移です。

ぱっと見のトレンドは一緒の様ですが左の軸が全然違います。

10月に比べて11月の軸はメモリが1.5倍ぐらいになっています。

グラフだけでは分かりにくいので、数値でも表示されています。

先ずは2019年11月分

次は2019年10月分です。

数字にすると分かりやすいですね。

 ☆ ナイトタイムは28.9kWhの57%アップ
 ☆ リビングタイムは8.7kWhの23%アップ
 ☆ デイタイムは2.7kWhの66%アップ

デイタイムは量としてはそこまでではないですが、アップ率で言うと1番多いですね。

その次がナイトタイム、リビングタイムとなりました。

ナイトタイムの電気量のアップがデカいですね。

もう少し深堀してみます。



電気代アップの原因

ナイトタイムに劇的に電気使用量が増えているのは『エコキュート』による湯沸かしの影響です。

4時と5時台に劇的に増えているのはそのためです。

少し肌寒くなってきたせいもあり、毎日お風呂にお湯をはる様になったのでお湯を沸かすために電気使用量が一気に増えました。

 

また、デイタイムも全体的に電気使用量が増えているのは、冬が近づくにつれ日照時間が短くなったり、日射強度が弱くなったりしている影響だと考えられます。

今後、更に冷え込んで床暖房をONにした場合、どれくらい電気代が上がってくるのかが気になる所です。


これまでの電気代の推移

我が家は2019年3月末よりi-smartでの生活を始めました。

8カ月分のデータを以下に示します。



まとめ

今回は2019年11月分の電気代についてでした。

今月は、お湯の使用量アップに伴い、エコキュートの稼働によって電気代が上昇することが分かりました。

とはいえ、4人家族で6,000円ちょっとの電気代は、総務省のデータと比較するとかなり安いです。

一般的な家庭の電気代
10月度の総務省のデータでは、”二人以上の世帯のうち勤労者世帯”の電気代や約9,600円となっていました。

今の所、床暖房を使う必要はまだ無さそうです。

ストーブなどの暖房器具も使っていませんし、家の中で隙間風や寒暖差を感じることも全くありません。

これはめちゃくちゃ快適ですよ!さらに電気代も安い!

 

こればっかりは住んだ経験がないと分からないと思います。

一条工務店では、住まいの体験会や宿泊体験をすることができますので、これからの時期に参加して是非快適さを体験してみて下さい!

もちろん無料です!

 

本日も、最後までお付き合いいただきありがとうございました。

 

以上のことから、一条工務店の家は性能が高いためにコスパが良く、環境にも優しい家だと思います。

まだ1年も住んでいないので、これから冬場になるとどうなるかは分かりません。

それについてもしっかりとこのブログで事実を伝えたいと思っていますので、また読んでいただけると幸いです。

 

『一条の家はデザインがちょっと・・』と思われる方も多いですが、家のどこに価値観を置くかです。

性能を重視するのであれば、一条工務店もありだと思います。

また、『一条は間取りが自由でない!』とも言われますが、耐震性を重視しており地震に強い作りなので、ある程度は仕方のないことです。

 

一条で建てた本人が言うのも何ですが、設計士さんは今までの経験を元に間取りをデザインして、それを元に施主と最終形に仕上げて行きます。

なので、どうしても無難な家になりがちです。

ですので、前もって自分達の理想の間取りを考えておくことが必要です。

 

私もエクセルなどを使った間取りを作ってみましたが、やはりちゃんとした設計士さんに作ってもらった方が見栄えが全然違います。

以下の様な無料のサービスを上手く活用し、家づくりについて十分予備知識を持ってから行くとハウスメーカーのカモにもなりませんし、納得した間取りで家づくりが出来ると思います。

間取りの無料見積もりはこちらから!
入力はたった3分なので是非この機会に活用してみて下さい。

2世帯住宅も対応しています。

少しでもこの記事が家づくりの参考になりましたら幸いです。

こちらではWEB内覧会もやっています。

【i-smart 一条工務店】30坪コンパクトハウスの1階WEB内覧会のまとめ

2019年に建てた我が家のi-smartはいくらした?

【一条工務店i-smart】総額公開!2019年に建てた家にいくら支払った?

皆様の家づくりの参考になりましたら幸いです。

それではまた次回!

ちゃぺでした。