【一条工務店 i-smart】物置はDIYでできる!当日の流れや実際の組立風景②






こんにちは、ちゃぺです。

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。

 

家の間取りで”収納”は意外と大事です。

特に生活をしだすとその大事さが分かりますが、間取りを考えている時はそこまで分かりません。

特に、子ども用品など成長に伴い内容や大きさも変化するので、家族分の収納を十分に確保するのは非常に難しいです。

また、十分な収納を確保できるほど土地や家が広ければ良いですが、その分お金も必要になってきます。

 

と言う事で、我が家は土地と家にお金を使い過ぎたので、収納分は安上がりに物置を設置することにしました。

物置はネットではなく、ホームセンターで購入。

理由は、物置の組立を自分でやってみたかったためで、組立の助言をもらったり万が一何かあった時にヘルプが欲しかったからです。

物置は家より安いとは言え、それなりにお金が掛かりますし、自分で組立られなくなると最悪です。

ちなみに、一条工務店の家は、坪単価が65万円なので、2畳で65万円!

 

前回は、物置をDIYするための必要な道具や準備についてだったので、今回は実際の組立についてです。

【一条工務店 i-smart】物置はDIYでできる!準備や注意点について!

最後までお付き合いいただけますと幸いです。


当日の流れ

当日の流れは以下の通りです。

ホームセンターに車で向かう

物置を購入した時の伝票をサービスコーナーで見せる

軽トラを借りて軽トラに解体された物置を載せてもらう

軽トラを運転して家まで運ぶ

解体された物置を設置する近くに置く

軽トラをホームセンターに返却

車で帰ってくる

物置を組立てる

 

我が家の場合、家からホームセンターまで車で15分ぐらいですが、物置を取りに行って帰って来るだけで1時間半ほど掛かりました。

10時前ぐらいに家を出て帰ってきてちょっと休憩をしたらもう昼前ぐらいだったので、意外と時間が掛かります。

出来れば朝一ぐらいで取り掛かった方が良いですね。

軽く昼ご飯を食べて早速物置の組立に掛かります。

 

実際の物置の組み立て風景

今回、物置を家の横に設置しようと考えました。

設置する前は感じで子供の遊び道具や庭いじり用具が雑に置かれていました。

先ずはホームセンターで借りた軽トラから軽トラ解体された物置を運びます。

次に設置場所にブロックを置きます。

説明書を見ながらやればそんなに難しくはないです。

事前に下にある砂利をどかしてブロックを置いて”段取り”をしておくと時短になります。

ブロックを寸法通り置くだけでOKです。

 

次に、底板を置いて水平が取れているかを確認します。

水平は100円ショップで購入しても良いですし、付属の物でも十分問題ありません。

これが地味に時間が掛かりました。

一方を調整すると逆が傾くし、そこを調整すると今度はまた逆が低くなる、みたいな感じで。

左の写真は、気泡が右側に行っているのでちょっと右が高い感じ、右の写真はまぁまぁOK。

まるで”モグラ叩きみたい”になります。

ですが、4隅を上手く調整しておかないと、扉の開閉が上手く行かなくなるのできっちりと水平を取る必要があります。

 

これさえ終われば、側面や背面の組み立てながらネジ止めをして行きます。

それぞれ番号が書かれたシールが貼られているのでそれを順番通りはめ込んでいくだけです。

この時、”手締め”で1人作業ならば、側面や背面を支えながらネジを締めなければいけないので結構大変です。

なので、電動ドライバーがある方が断然楽で、作業効率が上がります

電動ドライバーも充電タイプのコードレスがおススメです。

 

水平さえちゃんと取れていれば組立はめちゃくちゃ簡単でした。

1人だと大変かもしれませんが、女性でも2人ならば問題なく行けるのではないかと思います。

ちょっと大変なのが天井の取り付けです。

これを上手くはめ込むのは結構危険なので、この時はサポートがあった方が安心です。

天井が終われば、あとは扉をはめるだけなので簡単です。

扉がちゃんとはまれば開閉を確認するのと鍵がスムーズに掛かるかどうかで最終確認します。

鍵がスムーズに掛からないと言うことは、どこかがズレている証拠なので水平器を使ってちゃんと水平を取らなければいけません。

 

また、我が家の様に下が”土”の場合は僅かですが沈んで傾いたりすることもあるそうです。

最近の物置だと都度傾きを調整できるので問題ありません。

 

ちなみに、今回展示品を購入したので、細かい部品は既に付いていたのでその点でも作業は楽でした。

とはいえ、これらの作業をしたとしても物置の組み立て自体は2-3時間あれば済むと思います。

我が家の場合は昼の1時ぐらいから始めて終わったのが3時前でした。

 

アンカー工事までやってしまおうかと考えましたが、明日は天気も問題ないし日曜なので午前中終わるだろうと思い、この日はこれで終了としました。

次の日に予期せぬトラブルが起こるとも知らずに・・・



まとめ

今回は、物置はDIYでできる!当日の流れや実際の組立、についてでした。

 

ここまではめちゃくちゃ順調に行って、『意外と余裕♪』と思っていました。

ですが、そうは上手く行かなかったです。。。

次回そのトラブルについてお話します。

 

物置の組立自体はそこまで難しくありません。

私の様に、今まで全く経験が無くても半日もあれば可能だと思いますので、連休や夏休みなどまとまった休みの日にチャレンジしてみるのもありかと思います。

 

我が家は一条工務店と言うハウスメーカーで家を建てましたが、『性能』を売りにしていて”高断熱・高気密”が業界でもトップクラスです。

そのため電気代がとても安く済むので助かっています。

【一条工務店 i-smart】外出自粛解除で活動再開!2020年6月の電気代は!?

2019年に建てた我が家の総額はこちらをご参考ください。

【一条工務店i-smart】総額公開!2019年に建てた家にいくら支払った?

間取りでは後悔したくないと思っていましたが、やはり後悔ポイントがありました。

なるべく多くの設計士さんに間取りを提案してもらって比較をするのが一番です。

今では、”無料”で家づくりのサポートをしてくれるサービスもあるので活用するのもありだと思います。

外構ならこちらもご利用ください!

本日も最後までご覧いただき誠にありがとうございました。

それではまた次回!

ちゃぺでした。