【一条工務店 i-smart】入居開始から15カ月目!2020年6月の太陽光発電は!?







こんにちは、ちゃぺです。

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。

 

我が家は2019年に一条工務店と言うハウスメーカーで家を建てました。

一条工務店では、太陽光パネルなどの建材は、自社グループ工場で生産を行っていることから比較的安いと言われていますが、”一条オリジナル”と言うことで性能として良いのか悪いのかはなかなか判断が付かないと思います。

実際、家を買うまでは我が家も太陽光パネルを採用しない予定でした。

理由は高いから!

 

とは言え、一条工務店では、太陽光パネル搭載率は80%以上とハウスメーカートップクラスであったことから、最終的には搭載するに至りました。

結局、『太陽光パネルを採用してどれくらいお得になるのか?』が気になる所だと思うので、このブログで毎月報告することにしています。

 

と言う訳で、今回は2020年6月度の実績になります。

最後までお付き合いいただけますと幸いです。



2020年6月度の太陽光発電結果

関西電力であれば、『うちの発電量(うち電)』のWEBから毎月の実績を見ることが出来ます。

2020年6月の太陽光発電の実績は以下のようになりました。

2020年6月は17,992円!となり、2万円を下回りました!

5月は2万円を超えていたのですが、残念ながら下回りました。

ちなみに、我が家の太陽光パネルの設置容量は5.88kWで、余剰買取を行っています。



太陽光発電の今までの推移

次に、2019年4月から2020年6月までの推移は以下の通りです。

これで見ると、昨年6月と比べると買取金額は1,500円ほど低くなっています。

在宅勤務での電気代の上昇と、今年の梅雨は雨が激しく日照時間が短くなったためだと思います。

一般的に、太陽光パネルの耐用年数は、20~30年、パワーコンディショナーが10~15年と言われていますが、毎年少しずつですが発電効率が悪くなると言われています。

生活や天候も毎年違いうので、一概に比較はできませんが、一条工務店では発電状況を”モニタリング”してくれているので、何か不具合があった場合には修理・点検を直ぐにしてくれる体制になっています。

(一条工務店HPより)


電気代と太陽光発電の推移

太陽光の売電で得られた額から電気代として支払った額を引いたものでグラフを作ってみました。

2020年6月は、電気代を支払っても13,000円近くもプラスになっています!

大金ではなく地味ですが、月々の住宅ローン返済の足しには十分なりますよね!

太陽光システムの総額はこちらにも載せていますが約150万円ほどとなっています。

【一条工務店i-smart】総額公開!2019年に建てた家にいくら支払った?



まとめ

今回は、一条工務店で建てた我が家の太陽光発電2020年6月分の実績公開となりました。

 

太陽光パネルを採用しようかと考えている人の参考になりましたら幸いです。

現在、一条工務店では”最大70万円ポイントキャンペーン”をやっているそうです。

家具・家電・引っ越し費用分をポイントとしてゲットできるそうなので、興味のある方は是非近くの展示場に連絡をしてみて下さい!

建売・分譲住宅の棟数限定なので、興味のある方は早めの方が良いかもしれません。

こちらでご確認ください ⇒ 【公式】一条工務店HP

 

その他、無料で間取りをゲットするサービスもありますので、家をの購入を考えている方は是非使ってみて下さい。結構好評で皆さんよく申込をされています。

間取りの”無料”見積もりはこちらから ≫
入力もわずか数分で完了です。

家を建てるには先ず土地を探すことから始めなければいけません。

我が家の場合について書いてみましたので、宜しければご参考ください。

【土地選び】注文住宅を建てるなら整形地?非整形地?旗竿地の購入を止めた理由

こちらではWEB内覧会もやっています。

【i-smart 一条工務店】30坪コンパクトハウスの1階WEB内覧会のまとめ

本日もここまでお付き合いいただきありがとうございました。

少しでも家づくりの参考になれば幸いです。

それではまた次回!

ちゃぺでした。