【一条工務店 間取り】『しまった、ミスった』と建ててから後悔しないために【トイレ編】







こんにちは、ちゃぺです。

いつもブログご覧いただきありがとうございます。

 

前回、建てたから気づく『ちょっとミスったなぁ』と思う所の洗面所編をご紹介しました。

今回は、同じくトイレ編になります。

 

『やってしまった!』と言うほどではないのですが、『あぁこうなるのね』と住み始めてから気付く箇所です。

だから、生活上困ると言うほどのものではなく、ちょっと気になって目に付くと言った程度です。

 

だから、気になる人には全く気になりませんし、こだわる人だったらこの辺りも気にされると良い家づくりができるのではないかと思います。

 

ちなみに、前回の洗面所編はこちらをご参考ください。

【一条工務店 間取り】建てたから気づく『ちょっとミスったなぁ』と思う所【洗面所編】

本当、ちょっとしたことですが、事前に知っておくだけですごくスッキリした間取りや家づくりが出来ると思いますよ。

 

それでは、本日も最後までお付き合いいただけますと幸いです。


我が家のトイレの間取り

こちらが我が家の1階と2階のトイレの間取りになります。

洗面所編と同じく、間取りだけでは何が悪いのかは分からないと思います。。

次に電気図面です。

これを見ても多分分かりにくいと思います。

実際、間取りの打ち合わせの時にはこれを見ながらチェックとかをするわけです。

じゃぁ実際はどうかと言うと、以下の通りです。


実際のトイレ

そこまで変には思わないかもしれませんが、両方ともトイレの左側にウォシュレット用のコンセントと給水ホースが見えます。

 

おそらく両方とも、今までの設計上の経験からこの位置が取り付けやすかったためにこうなった、のだと思います。

『まぁこの辺りに設置しておけば作業上問題はないだろう』と言った具合です。

つまり、職人さん目線に合わせた取り付け位置、となっている可能性が非常に高いです。

 

ですが、住んでみて実際にトイレを使っていると、『ホースとかが目に付くのはちょっと・・』と思ってきます。

生活感と言うか、ゴチャゴチャした感じが出てしまいます。

 

”タンクの壁側でパッと見では分かりにくい場所”にするとか、もう少し目立たない位置にするとかした方がスッキリ見えて良かったなぁ、と今更ながらですが思います。


まとめ

今回は、『ちょっとミスったなぁ』と建ててから後悔しないためにの【トイレ編】でした。

 

もし、これを読んで頂いている方で、現在間取りの打ち合わせをされている様でしたら、ウォシュレットのコンセントや給水ホースがどうなっているのかを設計士さんに確認しても良い、かもしれません。

我が家の場合、間取りの打ち合わせではそんな話一切出てこないですから。

 

残念ながら、打ち合わせで図面とかを見てるだけでは分からない所っていっぱいあるんです。

 

一条工務店では打ち合わせ回数が決まっていますし、他のハウスメーカーなら図面を作成するごとに費用が発生することもあります。

我が家の場合の打ち合わせ回数は以下をご覧ください。

【2018年】一条工務店での間取りの打ち合わせ回数は何回?我が家の場合は?

ですので、事前に準備をしていくことが必要なのですが、残念ながらわざわざ図面の作成をしてくれる良心的な”ハウスメーカーなどありません


間取りや家づくりで後悔しないために

我が家の様にちょっとした失敗や後悔をしてほしくないためこのブログを始めました、とまでは言いませんが、やはり注文住宅は2、3回建てないと満足した家はできないんなぁと言うのが正直な感想です。

 

以下の様な無料のサービスを上手く活用し、家づくりについて十分予備知識を持ってから行くとハウスメーカーのカモにもなりませんし、納得した間取りで家づくりが出来ると思います。

間取りの無料見積もりはこちらから!
入力はたった3分なので是非この機会に活用してみて下さい。

 2世帯住宅も対応可能です。

少しでもこの記事が家づくりの参考になりましたら幸いです。

こちらではWEB内覧会もやっています。

【i-smart 一条工務店】30坪コンパクトハウスの1階WEB内覧会のまとめ

2019年に建てた我が家のi-smartはいくらした?

【一条工務店i-smart】総額公開!2019年に建てた家にいくら支払った?

本日もここまでお付き合いいただきありがとうございました。

それではまた次回!

ちゃぺでした。