【運用5カ月目】運用実績公開!ジュニアNISAでVOO・QQQ・米国個別株投資!







こんにちは、ちゃぺです。

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。

にほんブログ村 投資ブログへ
にほんブログ村
本日は、我が家のジュニアNISA5ヵ月目の運用実績になります。

Youtubeにもしてみました!

ジュニアNISAのメリットについてはこちら!

過去のジュニアNISA運用実績はこちらをご参考ください。

【NISA】が分かるおススメ本です👇

投資対象は、米国株を主軸に、S&P500指数に連動した”SBI VOO”、NASDAQ100に連動した”QQQ”、”ハイテク個別株(適当)”、でやっています。

 

これからジュニアNISAを始めてみようとか、子供の教育資金についてどうしようか悩んでいる方の参考になりましたら幸いです。

(くれぐれも投資は自己責任でお願いいたします)


これまでのまとめ

我が家には2人の子どもがいますが、ジュニアNISAで投資を始めたのは2020年11月からです。

4か月目までの実績を振り返ると以下の通りです。

キッズ1(長女)

キッズ2(長男)

それぞれ購入している商品についてはこちらをご覧下さい(Morningstarより)。

SBI VOO(SBI・バンガード・S&P500インデックス・ファンド)
⇒米国の代表的な株価指数であるS&P500指数(円換算ベース)に連動する投資成果をめざす。
QQQ(インベスコ QQQ 信託シリーズ)
⇒ナスダック100指数の価格と利回りに連動する投資結果

自動や定期購入はしていません。

時々この様に成績を振り返って、方針を見直したり次の作戦を立てて購入するようにしています。



5カ月目のジュニアNISA運用実績

ジュニアNISAの年間投資枠は80万円

ですので、年末は株価が上昇するので手出しをしない(10月ぐらいまでには枠を使い切る)と考えると、月々10万円ほどを目安に購入するようにしています。

 

・購入

3月は以下の通り購入しました。

キッズ1(長女)

SBI VOO:100,000円分(3/11)
AAPL:5株、65,918円、平均約定単価$120.26(3/23)

キッズ2(長男)

SBI VOO:100,000円分(3/11)
AAPL:5株、65,918円、平均約定単価$120.26(3/23)

2021年3月はキッズ1もキッズ2もSBI VOOとAAPLを同じタイミングで同額購入しています。

2月半ばからずーっとハイテク関連が調整していましたが、ちょっと売られ過ぎかなと考え『エイヤー』と適当なタイミングで購入しました。

今までの感覚だと、月末や月初は株価は上がりやすく月の中旬は下がりやすい傾向なので10~20日前後で購入するように意識しています。

VOO(S&P)やQQQ(NASDAQ)は基本どこで買ってもしばらくすれば上昇します。

例えば以下はSBI VOOの価格ですが、赤丸の所で購入していますが日々微々たる変化はありますが基本右肩上がりのチャートです。

NASDAQも同じくです。

コロナショックで$240から$160ぐらいまで40%近く下落しましたが、その後$320と$160からは2倍、$240からでも30%ぐらい上昇しています。



・リターン

これらを踏まえた結果(リターン)は以下の通りです。

キッズ1(長女)

3月はMicrosoft【MSFT】から配当が$1.01入りましたので、配当合計は$8.43になりました。

キッズ2(長男)

キッズ1と同じくMicrosoft【MSFT】から配当が$2.52入りましたので、配当合計は$9.56になりました。

AAPLがようやく上昇していますが、まだ完全回復ではなくいずれもマイナスです。

しばらくこの辺をウロウロするとは思いますが、4月末には2Qの決算発表がありますし、恐らく悪くはないと見込んでいるので、今より少しは良くなると思います。

 

やはり、S&P500指数に連動したVOOが強いですね。

無駄に個別株を狙って爆益を狙うよりも、長期目線で淡々とS&PやNASDAQ指数連動のETFや投資信託の方がトータルでは良い成績になる様な気がします。

素人判断では爆益を狙うことができないのは分かっているのですが、やはり『自分ならもっと利益が出せる!』と勘違いしてしまうんですよね!

とは言え、【AAPL】や【MSFT】はこれからも良い製品を作り続けてくれると信じていますので、ガチホで行きます!

 

ジュニアNISAの投資枠はこれで約40万円になっています。

恐らくここから夏ぐらいまではあまり大きな動きにはならないと思うので、VOO、QQQを購入して行くと思います。

ひょっとしたらVT(バンガード・トータル・ワールド・ストックETF)、VTI(バンガード・トータル・ストック・マーケットETF)などを入れるかもしれません。

ジュニアNISAで運用されている方はどんな商品を購入しているんですかね?

PayPay証券では、1,000円から米国株や日本株を購入することができるので、コツコツと定期的に購入したい方におススメです

\1,000円から株主になれる!/
One Tap BUY


まとめ

今回は、ジュニアNISAの5ヵ月目の運用実績公開、になりました。

 

子ども達の将来に向けた積立投資なので、気長にできるので気分的には楽ですね。

自分の口座で持ち株動きをチェックして、たまにこのブログの様に定期的にチェックして、下落や調整したタイミングで子ども達の分を購入しているので、今の所大きな損になっていないのでまぁ良いかなと思っています。

あまり勝負に出て損失を出してしまう様では元も子もありませんしね!

あくまでも子供たちの将来のために安全重視で投資を行って行きたいと思います!

にほんブログ村 投資ブログへ
にほんブログ村
年金対策としてはiDeCoも始めていてその実績も公開中です。

週末には自分の投資結果も公開しています!

本日も最後までお付き合いいただき誠にありがとうございました。

それではまた次回!

ちゃぺでした。