【2021年第43週】これから買うなら個別株?それともインデックス?【投資初心者向け】


こんにちは、ちゃぺです。

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。

投資や複業で住宅ローン返済、そしてFIRE(Financial Independence Retire Early:早期経済的自立&リタイア)を目指しています!

【最新Youtube動画】

先週は、引き続き米国のダウやS&P500、NASDAQは高値を更新しています。

日本株は少し弱い感じですが、衆院選で与党が優勢の様なので、週明けにあく抜けして上がってくるかどうかで年末までの流れが決まりそうです。

(青:ダウ緑:S&P黄:NASDAQピンク:日経225)

Yahoo financeより

さて、そろそろ年末なので、NISA枠を使い切りたいと思いますが、何を買えば良いのか分からない・迷ってしまう、と言うこともあると思います。

特に、投資初心者の方はそうだと思いますし、今の様な難しい状況の時も何を買えば良いのかは判断に迷います。

今回は、そんな時でも”個別株”が良いのか?、それとも他のインデックスのETFや投資信託が良いのか?について考察してみたいと思います。

これから株式投資を始めてみようと考えている方の参考になりましたら幸いです。


迷ったら個別株か?インデックスか?

今、個人的に買いたいと思っている個別株はAMZN】です。

理由は他の大型ハイテク株(GAFAM)と比較して低迷しているからです。

Yahoo financeより

2021年の年初から【AAPL】で13%、【MSFT】なら49%、【GOOGL】は69%となっています。

これに対して、【AMZN】はたったの”4%”!

さすがにもう少し上がるのでは?と思います(【FB】もちょっと買い時かも。。。)。

 

 

1年間での【AMZN】と【VTI】/【VOO】/【QQQ】の比較

Yahoo financeより

1年 ⇒ 【VTI】/【VOO】/【QQQ】の圧勝

5年間での【AMZN】と【VTI】/【VOO】/【QQQ】の比較

5年 ⇒ 【AMZN】の大勝利

”安定的+ほぼ確実”に値上り益を狙うのなら、【VOO】や【VTI】などのインデックスETFが良いと思いますし、それ以上を狙いたいのなら【QQQ】がおススメです。

 

とは言え、今後も【AMZN】が無くなることはないでしょうし、これからも成長をすると思えば買っても良いと思います。

が、【AMZN】は結構長く低迷することもしばしばあるので、余裕資金があって気長に狙えるなら良いとは思います。

ちなみに、【VOO】や【VTI】の中にも【AMZN】が組み入れられているので、個別株だけだと不安と思うのなら、これらのインデックスETFや投資信託を購入すればそれだけで【AMZN】を買ったことにもなります。

 

個人的には、【QQQ】を多め(例えば60%)、【VOO】や【VTI】を40%とかでも良いかと思っています。

余裕があれば個別株を買ってみるのも良いと思います。

\高配当株情報を無料で入手‼/
オックスフォードインカムレター
(くれぐれも投資は自己責任でお願いいたします)


2021年第43週目の取引まとめ

それでは先ず、2021年第43週目の売却and 配当実績がこちらになります。

先週は、日本円で少し配当が入金されました。

イオンはここ最近株価が低迷気味ですが、普段の買い物では3%のキャッシュバックもあり、映画館を割安で見れたりと、家族で楽しめるので引き続きホールドです。

◆ イオンのキャッシュバックについて ◆

これで、2021年の配当・売却益の総額は、日本円が¥77,612、ドルが$3,453.19となっています。

ドル円が円安になっているので、現金を円に換えたい衝動に駆られますが引き続き米国企業の株の購入に充てます。

PayPay証券
次に各証券口座における保有株の損益状況は以下の通りです。

全体的に含み益が増えています。

衆院選が終わってから日本相場が回復してくれるかですが、今の所先物は上がっている様子です。

NISAやiDeCoでの投資信託、Paypay証券での毎月の定期買い付けは引き続き継続。

投資先は日本ではなく、米国をメインとしています。

\1000円で有名企業の株主に!/
One Tap BUY
次に、先週1週間のパフォーマンスを示すS&P500のヒートマップ。

finvizより

決算の良かった【TSLA】が爆上げ、【MSFT】や【GOOGL】も上昇。

持株の【V】や【MA】も決算は悪くない物のナゼか売られています。。。

引き続き【SPXL】の買うタイミングを見ています。

まとめ

今回は、2021年第43週目の収支報告になりました。

米国企業の決算も概ね過ぎ、予想通り業績は良かったものの、インフレの高まりや石化燃料の高騰、コロナ禍の需要の先食いもあり2022年以降の見通しは強くない様子です。

そんな中でも売上を伸ばし、収益も伸ばせる企業、つまり価格決定力のある企業の株が買われそうです。

魅力的でイノベーティブな商品やサービスを提供できる企業を見つける必要がありそうです!

\楽天経済圏で投資/
\今ならポイントもゲット/
楽天証券
レバレッジETFの運用実績はこちら!

子ども達の教育費のためにジュニアNISAも活用しています!

レバレッジETFの実績もブログで公開しています。

本日もここまでお付き合いいただきありがとうございました。

それではまた次回!

ちゃぺでした。