【2021年第40週】金利や米国債、株価の関係は?ハイテク株は今後下落⁉


こんにちは、ちゃぺです。

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。

投資や複業で住宅ローン返済、そしてFIRE(Financial Independence Retire Early:早期経済的自立&リタイア)を目指しています!

【最新Youtube動画】

日経の乱高下が激しいですが、米国市場も少し落ち着きを取り戻した様には見えますが、米国債利回りも上がっているので、ハイテクはやはり危険な感じがしています。

(青:ダウ緑:S&P黄:NASDAQピンク:日経225)

Yahoo financeより

9月の半ばから米国10年債利回りが良い感じで上がってきてますので、ちょっと株式相場には厳しくなりそうかと思っています。

Googleより

米国債の動きはハイテク株、つまりナスダックには結構大きな影響を及ぼすので注意が必要です。

金利や米国債、株価は密接な関係にある、とThe Mothly Foolにも書かれていますので、一度整理して今後の投資にも活かしたいと思います!

これから株式投資を始めてみようと考えている方の参考になりましたら幸いです。

オックスフォードインカムレター

金利や米国債、株価の関係は?

The Mothly Foolに書かれている債券市場と株式市場の関係を簡単にまとめると以下の通りです。

債券市場と株式市場との関連
景気が悪い ⇒ 政府が金利を下げる ⇒ お金周りが良くなる ⇒ 経済が活性化する ⇒ 政府が金利を上げる ⇒ 債券が売られる(利回りが上がる) ⇒ 借入金の多い企業(ハイテク企業)の設備投資が抑制される ⇒ ハイテク企業の業績(売上)が下がる ⇒ ハイテク株が売られる

今は、新型コロナの影響で経済が大打撃を受けていましたが、そこからボチボチ回復しており株価も上昇し、景気が良くなる気配が表れてきています。

そこで大事になってくるのが、政府が発表する経済指標や企業の決算になります。

経済指標であれば、

・消費者物価指数(CPI)
・雇用者数/失業率
・ISM製造業景況指数

等です(SBI証券にも情報あります)。

また、日々の経済指標であればYahoo financeにもあります。

 

これらの情報を見つつ、ハイテクに多く投資をしている場合は少しポジションを落として現金比率を殖やしたり、不況にも強い企業へ投資を振り分けるのがベターと言われています。

なので、私はハイテクよりもヘルスケアセクターへの投資をレバレッジを掛けて増やしている所です!

今回の元記事はこちらのThe Mothly Foolもご参考ください。

無料でためになる情報が多く記載されているのでとても勉強になるのでおススメです!

\無料で有料級の情報‼/
モトリーフール
(くれぐれも投資は自己責任でお願いいたします)


2021年第40週目の取引まとめ

それでは先ず、2021年第40週目の売却and 配当実績になります。

先週は、米国企業から配当がありました。

個別株も良いですが、VOOやVHTなどのバンガード社のETFは分散も利いて、値上り益も狙え、更に配当も出して、それでいて手数料が安いので、言うことなしです!

これで、2021年の配当・売却益の総額は、日本円が¥75,483、ドルが$3,444.11となりました。

次に各証券口座における保有株の損益状況は以下の通りです。

先々週のマイナスからは反発しましたが、9月上旬と比べるとまだ含み益は100万円ほど低いので、まだ全回復したとは言い切れません。

市場も完全に回復したとはまだまだ言えないと思いますので、買い急ぎはせずもう少し様子見したいと思います。

NISAやiDeCoでの投資信託、Paypay証券での毎月の定期買い付けは引き続き継続です。

\1000円で有名企業の株主に!/
One Tap BUY
次に、先週1週間のパフォーマンスを示すS&P500のヒートマップ。

finvizより

全体的に緑が多いですが、ヘルスケアセクターが少し弱い感じでした。

これから決算時期に入りますが、恐らく結果は良いとは思いますが、見通しは悪くなると思うので、それを市場がどう受け取るかで大きく動く可能性もあります。

米国10年債利回りも上がってきているので、やはりハイテク株に突っ込むのは危険な感じです。

まとめ

今回は、2021年第40週目の収支報告になりました。

いよいよ金利上昇も間近な雰囲気になっていますし、ハイテク企業の将来の業績見通しが不透明になりつつあります。

恐らく、今月半ばから始まる企業の決算がきっかけになって流れがまた変わると思いますので、一時的に株価が上昇してもしばらく様子見で行きたいと思います。

\楽天経済圏で投資/
\今ならポイントもゲット/
楽天証券
レバレッジETFの運用実績はこちら!

子ども達の教育費のためにジュニアNISAも活用しています!

レバレッジETFの実績もブログで公開しています。

本日もここまでお付き合いいただきありがとうございました。

それではまた次回!

ちゃぺでした。