【2021年第37週】ヘルスケアETFのレバレッジ【CURE】の紹介!


こんにちは、ちゃぺです。

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。

投資や複業で住宅ローン返済、そしてFIRE(Financial Independence Retire Early:早期経済的自立&リタイア)を目指しています!

【最新Youtube動画】

先週は、日本株が引き続き上昇して、米国株は調整と言った感じでした。

自民党総裁選がここまで株価に影響するとは思ってもいませんでしたが、日本株は長期で見るとあまり大きな上昇は見込めないと思うので、保有銘柄の売却を進めています。

先週は1つ売却したので、何を売却したのかは後半に記載しておきます。

(青:ダウ緑:S&P黄:NASDAQピンク:日経225)

Yahoo financeより

最近、特に米国株は『割高』と言われています。

新型コロナの影響で一時的に経済が悪化したものの、そこから各国政府が景気をバラまいたこともあり、株高にもなりました。

まだまだ正常化したとは言い辛い状況ではありますが、少しずつ景気が動き出した様にも見えることもあって、それらを見越して株価が上がっていると思います。

とは言え、そこから更に景気が上昇するのはかなり困難で、これから政府が債券の購入をやめたり、金利を上げたりすると一時的かもしれませんが、金の流れは悪くなると思っています。

特に、ハイテクはWork From Home(WFH)には多大な貢献もして利益も出していることから株価はかなり上がっています。

徐々にではありますが、これから逆の流れになり、ハイテク関連はしばらくお休み(調整)に入ると思っているので、これを機会にヘルスケアセクターを多めにしておこうと考えています。

それで買い進めているのが、Direxionデイリーヘルスケア株 ブル3倍ETF【CURE】です。

今回はその【CURE】についての紹介になります。

これから株式投資を始めてみようと考えている方の参考になりましたら幸いです。

オックスフォードインカムレター

Direxionデイリーヘルスケア株 ブル3倍ETF【CURE】とは?

最近でこそ新型コロナワクチンの影響でヘルスケアセクターと言えば、”製薬メーカー”と思われがちですが、そんなことはなく医療保険サービスや医療機器、測定・分析診断企業なども含まれています。

上位銘柄は以下の通り(Direxionより)。

新型コロナの影響は徐々に落ち着いて行くと思いますが、これをきっかけに医療体制も整えられますし、ハイテクが伸びていることから遠隔での診断・治療など医療への波及もすさまじいと思います。

また、現在の株価を元にしたFoward PERは他のセクターに比べて(今の所まだ)割安です。

finvizより

さらに、新型コロナからの回復による景気のピークも過ぎたと一部では言われていますので、セクターローテーションも考えて不景気でも安定的に稼ぐことの出来る企業としてヘルスケアセクターをマルっと買えて、かつレバレッジを効かせることができる【CURE】を買い進めています!

The motley foolより

減価により影響や、経費が高い、繰上償還リスク等はありますので、それらを理解した上で運用を心がけたいと思います。

最後に株価の推移ですが、直近2年は以下の通りです。

\無料で有料級の情報‼/
モトリーフール
(くれぐれも投資は自己責任でお願いいたします)


2021年第37週目の取引まとめ

先ずは、2021年第37週目の売却and 配当実績になります。

先週は、米企業から配当があったのと、日本株のパナソニックを売却しました。

パナソニックも買ったのは2017年頃とかなり昔に購入したのですが、そこからなかなか上がらないので、一旦売却することにしました。

Googleより

Panasonicは日本の有名企業ですが、日本市場では100株からなので約15万円ほど必要になってきます。

一方、Paypay証券なら1000円からと少額でも購入できますし、配当もちゃんともらえます。

株式投資を初めてやる人にはおススメの証券会社です。

\今ならキャンペーン中/
PayPay証券
これで、2021年の配当・売却益の総額は、日本円が¥75,166、ドルが$3,372.97となっています。

次に各証券口座における保有株の損益状況は以下の通りです。

先週も持ち株は軟調で全体的にはマイナスになっています。

やはり月半ばは下げて調整する機会が多いと思うので、こう言う時にしっかりと下位を進めて次の上昇相場に乗りたいと思います。

特にNISAやiDeCoでの投資信託、Paypay証券での定期買い付けは引き続き継続です。

\1000円で有名企業の株主に!/
One Tap BUY
次に、先週1週間のパフォーマンスを示すS&P500のヒートマップです。

finvizより

あまり方向感もなく、全体的にマバラ状態。

引き続き、レバレッジETFのCUREは購入を継続しています。

結構株数が増えてきましたが、ここから年末にかけてどうなるか・・・

まとめ

今回は、2021年第37週目の収支報告になりました。

 

今は少し調整かもしれません。

とは言え、9‐10月を過ぎた辺りから年末にかけては再び上昇に行くと思っていますので、下がったタイミングでは買い進めたいと思っています!

\楽天経済圏で投資/
\今ならポイントもゲット/
楽天証券
2021年上半期の米国株投資結果をまとめてみました!

 

子ども達の教育費のためにジュニアNISAも活用しています!

レバレッジETFの実績もブログで公開しています。

本日もここまでお付き合いいただきありがとうございました。

それではまた次回!

ちゃぺでした。