【2021年第30週】調整局面に投資家はどう反応すべきか?現金を確保しつつ優良銘柄を選定&買い増し!


こんにちは、ちゃぺです。

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。

投資や複業で住宅ローン返済、そしてFIRE(Financial Independence Retire Early:早期経済的自立&リタイア)を目指しています!

今のままではローン返済は、70歳を過ぎたおじいちゃんなのでピンチ!

▽ 応援して頂けるととても嬉しいです ▽

にほんブログ村 投資ブログへ
にほんブログ村
先週の日米相場は、月末と言うこともあってほぼ横ばい。

大企業の決算も概ね無事に通過していますし、8月に入って流れがガラッと変わりそうな感じもしています。

(青:ダウ緑:S&P黄:NASDAQピンク:日経225)

Yahoo financeより

最近はあまり株価を見ない様にしていて、大幅な調整が来るのをじっと待っている状況です。

そのタイミングが何時かは全く分かりませんが、そろそろ来てもおかしくないと考えています。

そんな時に備えてやっている事と言えば、やはり現金を確保しておく事と、優良銘柄の選定です。

これから株式投資を始めてみようと考えている方の参考になりましたら幸いです。

オックスフォードインカムレター

調整局面に投資家はどう反応すべきか?

The motley foolの記事(調整局面に投資家はどう反応すべきか)によれば、投資家であれば調整局面はむしろ歓迎すべき、と書いています。

理由は、関心がある銘柄の株を適正価格で買える現在保有している優良銘柄の株を買い増しする事ができる、などと書かれています。

今は相場全体がどれも高くなっているので、なかなか動き辛いですが、狙っている銘柄はいくつかあって、例えば保有している中では以下の銘柄です。

ペイパル【PYPL】は、決算発表を受けて大きく売られてしまいましたが、落ち着いたら買い増しをしようと考えています。

また、レバレッジETFも買い増しを考えています。

今狙っているのは、ヘルスケアセクターのレバレッジETF【CURE】ですが、これが全く下がる気配がなくて買うに買えない状況です。

なので、調整が来て下落したタイミングでボチボチ購入して行きたいと思っています!

\無料で優良級の情報‼/
モトリーフール
(くれぐれも投資は自己責任でお願いいたします)


2021年第30週目の取引まとめ

2021年第30週目の売却and 配当実績になります。

先週は米企業から配当がありました。

これで、2021年の配当・売却益の総額は、日本円が¥45,904、ドルが$3,181.76となっています。

次に各証券口座における保有株の損益状況は以下の通りです。

持株を売って現金が増えたこともあったので、個別株のビザ【V】とマスターカード【MA】、それにS&P500レバレッジETF【SPXL】を購入しています。

調整や暴落が来ようとも、NISAやiDeCoでの投資信託、Paypay証券での定期買い付けは引き続き継続させます!

\1000円で有名企業の株主に!/
One Tap BUY
次に、先週1週間のパフォーマンスを示すS&P500のヒートマップです。

finvizより

決算発表を受けて市場予想に届かった銘柄が大きく売られている感じです。

持株のペイパル【PYPL】やピンタレスト【PINS】も激しく売られて大幅下落してしまいました。。。

恐らく、海外ではこれから消費活動がドンドン盛んになってくると思うので、キャッシュカードの利用も伸びてくると見ています。

まとめ

今回は、2021年第30週目の収支報告になりました。

 

先週ブログで宣言した通り、【GM】や【GE】は売却しました。

しばらくは手を出さず様子を見るか、他の株、若しくはETFに資金を振り分けたいと思います。

”Cash is KING”となるのか、このまま年末まで上昇をするのか・・・

\楽天経済圏で投資/
\今ならポイントもゲット/
楽天証券
2021年上半期の米国株投資結果をまとめてみました!

iDeCoもブログで公開しています。

本日もここまでお付き合いいただきありがとうございました。

それではまた次回!

ちゃぺでした。