【2021年第22週】久々にNISA枠で日本株(リンガーハット)を購入!米国株には株主優待はない!でも、その分配当がアツい!


こんにちは、ちゃぺです。

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。

投資や複業で住宅ローン返済、そしてFIRE(Financial Independence Retire Early:早期経済的自立&リタイア)を目指しています!

今のままではローン返済は、70歳を過ぎたおじいちゃんなのでピンチ!

▽ 応援して頂けるととても嬉しいです ▽

にほんブログ村 投資ブログへ
にほんブログ村
先週もNASDAQや日経が弱くて、ダウやS&P500が強かったです。

(青:ダウ緑:S&P黄:NASDAQピンク:日経225)

Yahoo financeより

企業の決算が落ち着いて、今度は政府が発表する経済指標や中央銀行などの発言に注目が集まっている感じで、上下どちらにも動きにくい感じです。

先週は久々に日本株の『リンガーハット』をNISA枠で購入。

日本株は株主優待がありますが、米国株には株主優待はないです。

ですが、その分配当金をきっちりと出してくれるのが米国企業ですね!

企業文化と言うか、投資文化と言うか株主優待とは不思議な制度ですね。

米国株も良いですが、たまには日本株も良いかと思って購入してみました!

—————————–

自分年金としてiDeCoも活用中!両学長もおススメ!

これから株式投資を始めてみようと考えている方の参考になりましたら幸いです。


米国株には株主優待はない!でも、その分配当がアツい!

今回購入したリンガーハットは外食産業の企業なので、株数に応じて株主優待としてお食事券が年2回もらえます。

リンガーハットより

ここ最近ボックス圏の下限(2,200円)にいる感じだったので、購入してみました。

マネックス証券より
長期で持つかは分かりませんが、2,500円ぐらいには上げると見ています。

日本企業では、これにさらに配当がもらえたりもするので、何かお得な感じがしますが、米国企業ではこの【株主優待】と言う制度は聞いたことがありません

 

と言うか、もしも株主優待が貰えたとしてもアメリカでしか使えないとかだと意味がないので、それなら配当金の方が良いですね!

なので、米国株であれば年4回配当がもらえますし、日本株と比較して配当利回りも高いです。

米国株は配当がアツい!
・配当が年4回もらえる企業が多数!
・日本株と比較して配当利回りが高い!
・配当貴族(25年以上)や配当王(50年以上)など連続増配企業も多数!

米国株も良いですが、日本株でも配当や株主優待もあるので上手く取り入れて末永く投資を楽しめたらいいかと思っています!

\100円から積立OK/
マネックス証券
(くれぐれも投資は自己責任でお願いいたします)


2021年第22週目の取引まとめ

2021年第22週目の売却and 配当実績になります。

先週は日米企業から配当が入りました。

日本企業からの配当が入ってくる時期になったので、来週以降もボチボチ入りそうです。

2021年の配当・売却益の総額は、日本円が¥28,07、ドルが$1782.42となっています。

先週は久々に日本株を購入しています。

ナスダックがやはり弱い感じですが、持ち株はプラスで持ちこたえています。

どこかで持ち直すとは思いますが、ハイテクが弱い状況はしばらく続きそうですね。

iDeCoとPaypay証券のパフォーマンスがずば抜けていますが、毎月少額でも定期積立がやはり優秀なことの表われだと思います!

\今なら口座開設で最大1000円ゲット/
One Tap BUY
\iDeCoで簡単節税/
マネックス証券 iDeCo
次に、先週1週間のパフォーマンスを示すS&P500のヒートマップです。

finvizより

全体的に緑が多くて上昇していますが、特に石油関連が強くて持ち株のレバレッジETF【ERX】も良い感じで上昇しています。

動画を作成した20201年5月末時点では11%の評価益でしたが、そこからさらに上昇しています。

利食ってしまいたい気持ちもありますが、爆益のためにもうしばらくは持ち続けてみようと思います。

まとめ

今回は、2021年第22週目の収支報告になりました。

 

2021年も半年が過ぎようとしていますし、これからは政府や中央銀行がいつバラまいたお金を引き上げるのか?、金利がどう動くのか?、で株価も大きく動きそうです。

米雇用者数の伸びは5月に加速、市場予想には届かず-失業率低下

Bloombergより

米金融当局はテーパリング検討を「意図的に辛抱」する-メスター総裁

Bloombergより

今年いっぱいぐらいはまだ大丈夫かな???

\楽天経済圏で投資/
\今ならポイントもゲット/
楽天証券
2020年の米国株投資結果は以下をご覧下さい。

学資保険や定期預金などで子ども達の教育費を貯めることができますが、ジュニアNISAを活用するのもおススメです!

iDeCoもブログで公開しています。

本日もここまでお付き合いいただきありがとうございました。

それではまた次回!

ちゃぺでした。