【2021年第18週】インフレ懸念の中で株式以外に投資するなら?【REIT・コモディティ投資】


こんにちは、ちゃぺです。

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。

投資や複業で住宅ローン返済、そしてFIRE(Financial Independence Retire Early:早期経済的自立&リタイア)を目指しています!

今のままではローン返済は、70歳を過ぎたおじいちゃんなのでピンチ!

▽ 応援して頂けるととても嬉しいです ▽

にほんブログ村 投資ブログへ
にほんブログ村
先週は、ダウやS&Pが最高値を更新していますが、NASDAQは下落、日経もイマイチな動きです。

(青:ダウ緑:S&P黄:NASDAQピンク:日経225)

Yahoo financeより

これまで順調だった株式相場ですが、何となく相場からお金が流出している感じがします。

少し前だったら、ビットコイン、そしてその他の仮想通貨であるアルトコインなどなど。

 

今後、ワクチン接種が更に進み経済活動が再開されてくると、株式だけではなくインフレに強いその他の商品にも分散投資をしていた方が良いと思っているので、少し前からちょくちょく購入している商品があります。

The Motley Foolにも、インフレ懸念が高まる中で何に投資すべきか?と言う記事があったので、私が実際に保有している商品と合わせてご紹介したいと思います!

\楽天経済圏で投資/
\今ならポイントもゲット/
楽天証券
これから株式投資を始めてみようと考えている方の参考になりましたら幸いです。


インフレ懸念が高まる中で何に投資すべきか?

日本やアメリカ、ヨーロッパなど世界中の政府がお金を市場にバラまいていますので、景気が回復すると一気にインフレになる可能性があります。

そうなると、周りの値段や価値が上がるので、相対的に自分のお金の価値(資産)が目減りしてしまうことになります。

インフレ対策に必要なこと
  1. インフレ以上に収入を増やす
  2. 持っている資産を使ってインフレ以上のリターンで運用する

1であれば、先ずは固定費を見直して、本業をきっちりやって副業などで収入を増やす

2は、やはり株式投資がメインになると思います。

それ以外だとThe Motley Foolによれば以下の商品が紹介されています。

  1. インフレ連動国債
  2. 変動金利債・変動金利ローンを投資対象とした投資信託・ETFなど
  3. 不動産・REIT
  4. 商品(コモディティ)インデックスに連動するETFなど

ちなみに、Paypay証券では1000円からでも株主になれることで有名ですが、国債や社債、ゴールドや石油などのコモディティも一部購入することができます。

今はREITや金、石油を5万円分ほど購入していて、3万5千円ほどのプラスとなっています!

\今なら口座開設で最大1000円ゲット/
One Tap BUY
それとは別にSBI証券でもREITや金融株のETFを購入しています。

具体的には、【DRN】の米国REIT【ERX】のエネルギー株【FAS】の金融株で、いずれもレバレッジ商品です。

これらも今の所プラスになっていてハイテク株の下落をカバーしてくれています。

今はまだ社債や国債は購入していませんが、何れ購入してみたいと思います。

どんな状況においても稼げるポートフォリオにしておくことが大事で、最も大事なことは自分の稼ぐ力を付けること、つまり自分自身に投資をすること、となっています。

元記事はこちらになります↓

【The Motley Fool】インフレ懸念が高まる中で何に投資すべきか?

\米国株情報を無料でゲット/
モトリーフール
(くれぐれも投資は自己責任でお願いいたします)


2021年第18週目の取引まとめ

2021年第18週目の売却and 配当実績になります。

米企業から$70ほどの配当が入りました。

これで2021年の配当・売却益の総額は、日本円が¥19,508、ドルが$1656.35となっています。

SBI証券の米国株は、ハイテク株が多いのですがそれらがイマイチです。

多くのハイテク企業の決算は良かったのですが、今までの期待が大きく株価も上昇していたためか売るに売られています。

逆に、人流が起こり経済が正常化すると、オールド企業が恩恵を受けると思われてそれらの株が買われてダウやS&Pが上昇しています。

そこそこのプラスにはなっていますが、【SPXL】をもっと多く買っておくべきでした。

【2021年第14週】レバレッジ型ETFへの投資!SPXLとTECLを購入してみた結果! 

次に、先週1週間のパフォーマンスを示すS&P500のヒートマップです。

finvizより

ハイテクが調整で、金融やエネルギー株が強い感じです。

ちょっと前に、金利が上がることや物価上昇があると思って色々と買っていましたが、それらが良い感じでヘッジになって助かっています。

まとめ

今回は、2021年第18週目の収支報告になりました。

 

ハイテク株はやはり少し調整に入った感じですが、逆に考えると売りが一巡すると買い場と考えています。

ハイテクの決算をしっかりと見て優良株を買って、次の上昇相場に準備しておきたいと思います!

 

Youtubeも最近始めました!

2020年の米国株投資まとめです!

その他の投資ブログは下のリンクからどうぞ!

にほんブログ村 投資ブログへ
にほんブログ村
学資保険や定期預金などで子ども達の教育費を貯めることができますが、ジュニアNISAを活用するのもおススメです!

iDeCoは自分年金には持ってこいです!両学長もおススメ!

今なら1000円からでも米国の有名企業の株主になれます!

本日もここまでお付き合いいただきありがとうございました。

それではまた次回!

ちゃぺでした。