【2021年第13週】株式市場の4つのサイクルとは?今の状況を理解して投資に活かす!


こんにちは、ちゃぺです。

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。

投資や複業で住宅ローン返済&FIRE(Financial Independence Retire Early:早期経済的自立&リタイア)を目指しています!

今のままではローン返済は、70歳を過ぎたおじいちゃんになってしまいます!

▽ 応援して頂けるととても嬉しいです ▽

にほんブログ村 投資ブログへ
にほんブログ村
さて、先週も株価は上昇して、特にS&P500は史上最高値を更新して4000を突破。

ハイテク銘柄もようやくここに来て復活の兆しを見せています。

(青:ダウ緑:S&P黄:NASDAQピンク:日経225)

Yahoo financeより

今まで順調だった株価の上昇もこれからは厳しくなると思いますので、より業績の良い優秀な銘柄や指数に連動するETF等、少し退屈な投資にシフトして行こうかと考えています。

理由は、”株式市場にある4つのサイクル”、を意識しているからです!

\楽天経済圏で投資/
\今ならポイントもゲット/
楽天証券
これから株式投資を始めてみようと考えている方の参考になりましたら幸いです。


株式市場の4つのサイクルとは?天井はいつ?

株式市場には以下の4つのサイクルがあると言われています。

1.金融相場
2.業績相場
3.逆金融相場
4.逆業績相場

大きく分けて”金融相場””業績相場”の2つですが、それぞれを組み合わせて計4つとなっています。

1.金融相場とは?
金融緩和や低金利政策などいわゆる「カネあまり」を背景にして上昇する相場のこと

金利が低くなると銀行に預けていても利益にならないので、それなら株を買って配当を貰った方が良いと大衆心理が働きます。

また、企業は、低金利でお金が借りれるのでそれを使って新しい事業に回そうと考えます。

2020年初頭に起こった新型コロナの影響で景気が冷え込むのを抑制するために、各国政府が直ちに低金利に舵を切ったので、今は金融緩和でお金が市場に溢れそれが株価を押し上げている状態です。

一般的に、このステージでは中小企業やハイテク企業などが大きく上昇します。

2.業績相場とは?
企業業績そのものの上昇や好転によって株式市場全体が上昇する相場

金融緩和により、経済が回りだすと今度は企業の業績が良くなります。

そうなると、今度は業績を見て『利益が見込める』、『配当が出せる』と投資家が思い株価は更に上昇します。

この時は、素材セクターやユーティリティー関連などが伸びます。

3.逆金融相場とは?
政府は金融引き締め、政策金利の引き上げで株式市場全体が下落する相場

これは1と逆の流れになりますので、株式を持つ意味が薄れてきて相場全体が下げます。

最近、『米国金利上昇により株価下落』とニュースで言うのはこれを見越しての動きです。

安定した収益の出せる企業、無借金企業など、企業の資産状況の健全性が求められます。

また、金融セクターは利上げによって利益が出るので買われる傾向があります。

4.逆業績相場とは?
金融引き締めや政策金利の引き上げにより、企業の業績そのものに悪影響が出て更に売られる

この時になるとかなり景気が冷え切った状態になります。

 

実は、株式相場が天井となりやすいのは業績相場〜逆金融相場のステージと言われています。

金融相場はほぼ終わりに近づいていますので、2021年の今年は業績相場になります。

恐らく業績は良くなる見通しですが、何とか2‐3ぐらいのステージで踏みとどまって息の長い経済回復になって欲しいと願っています。

 

詳しくはThe Motley Foolのこちらの記事をご覧ください ⇒ 相場にも種類がある?金融相場と業績相場のサイクルと投資戦略について (The Motley Fool)

\米国株情報を無料でゲット/
モトリーフール
(くれぐれも投資は自己責任でお願いいたします)


2021年第13週の取引まとめ

2021年第13週目の売却and 配当実績になります。

米国企業から配当が多く入りました。

コカ・コーラ【KO】やナイキ【NKE】は、自分も好きで商品を購入しますし、世界的に強力なブランド力でこれからもなくなることはないと思います。

と言う訳で、配当を出し続けてくれると信じて持ち続けます!

Googleより

配当はある意味細かい利益確定なので、右肩上がりの企業の株を買うとまさしく不労所得となります!

これで2021年の配当・売却益の総額は、日本円が¥17,426、ドルが$1405.37となりました。

先週も引き続き大きく反発、特にハイテクセクター、その中でも今まで激しく下落していた半導体銘柄が強かった印象。

finvizより

これは、バイデン政権が半導体不足で動き出したことによるものだと思いますが、”産業のコメ”と呼ばれている半導体への投資が動き出すとハイテク企業全体に恩恵を受ける可能性があるので、引き続きハイテクは”買い”で行きたいと思います。

バイデン政権、半導体不足問題で12日に業界関係者と協議-関係者

Bloombergより

まとめ

今回は、2021年第13週目の収支報告になりました。

 

2月半ばから続いたハイテク株の下落がようやく落ち着いてくれました。

それまでは、”どの株も買えば上がる”プチバブル状態でしたが、これで一旦市場は冷静になると思います。

これからは2Qの決算もありますし徐々に”業績相場”に移って行くと思いますので、指数連動のETFやハイテクでも収益性の高い個別株へとシフトさせていきたいと思っています。

 

2020年の米国株投資まとめです!

その他の投資ブログは下のリンクからどうぞ!

にほんブログ村 投資ブログへ
にほんブログ村
学資保険や定期預金などで子ども達の教育費を貯めることができますが、ジュニアNISAを活用するのもおススメです!

iDeCoは自分年金には持ってこいです!両学長もおススメ!

今なら1000円からでも米国の有名企業の株主になれます!

私も最初は不安だったのでPaypay証券で少額から米国株投資を始めました!

\スマホで1000円から投資!/
One Tap BUY
本日もここまでお付き合いいただきありがとうございました。

それではまた次回!

ちゃぺでした。