【2020年31週目】投資は一極集中か⁉それともセクターか⁉







こんにちは、ちゃぺです。

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。

 

新型コロナの感染がとどまることを知りません!

 

【新型コロナ】メルボルン6週間夜間外出禁止、ロンドン首都圏封鎖も

全世界の感染者数は1780万人を突破し、死者は約68万3000人に達した

Bloombergより

新型コロナが広まり出した今年の3月頃は、『夏頃には落ち着く』と言っていましたが、全くその兆しが見えません!

やはり、しばらくはこの新型コロナと付き合いつつ、経済活動を行う必要がありそうです。

 

そんな中、Appleは決算発表を受け市場予想を上回る内容だったために、大きく上昇しています。

アップル、売上高とiPhone販売が予想上回る-外出自粛で需要増

Bloombergより

やはりハイテク株強しか・・・

しばらくは、”ハイテク”と”ヘルスケア”を買い進めて行こうと思います。

 

これから株式投資を始めてみようと考えている方の参考になりましたら幸いです。

1極集中かそれともセクター全体か

今回、良好な決算を出したAppleの様な企業に一極集中で投資をしていれば”爆益”となっていた可能性もあります。

One tap BUYで1年ほど前に購入していたApple ですが、いつの間にか倍になっています。

円高になったために為替で損をしていますが、株価の上昇によって”+128%”です!

投資した金額が倍になる計算です。1,000万で2,000万はでか過ぎる(;・∀・)

2万円しか購入していた自分を恨みますが、今更後悔しても仕方がないので根気強く”投資をし続ける”のが良いかと思っています。

更に、1極集中投資はリターンも高いですがリスクも大きく、精神的にも非常に悪いです。

なので、自分としては安心して継続投資ができる”セクター買い”をして行きたいと思います。

 

先週購入したのは、ヘルスケアセクターのETF、”VHT”です。

【2020年28週目】ヘルスケア-への投資 おススメは“VHT” その理由とは!

新型コロナに対するワクチン開発が盛んに行われていますが、どれが効果を発揮するかはまだまだ未確定です。

そのため、将来に対する期待は大きいものの、リスク分散のためにはヘルスケア全体に投資ができるETF方が無難と考えています。

ファイザー、ワクチン需要長期にわたると想定-コロナ消えない公算

サノフィとグラクソの新型コロナワクチン、EUも近く供給合意へ

ファイザーとバイオNT、日本にコロナワクチン候補1.2億回分供給へ

全てBloombergより

8月は海外投資家が夏休みに入るので、相場としては下落しやすいです。

なので、大きく下げたところで買い増しをして行きたいと思います。

(くれぐれも投資は自己責任でお願いいたします)

2020年第31週目の取引まとめ

先週の配当、および2020年のこれまでの売却 and 配当実績です。

先週はOne tap BUYのCISCOから配当がありました。

これまでの2020年の配当・売却益の総額は、日本円¥76,138ドル$326.30となっています。

次に各証券口座における保有株の状況は以下の通りです。

金曜に日経が大きく下げたので爆損しています。

相変わらず米国株は安泰。。。

やはり米国株を買い進めて行くのが良さそうです。

まとめ

今回は、2020年第31週目の収支報告になりました。

 

若者に人気の”TikTok”ですが、何やらマイクロソフトに売却される可能性があるとのこと。

マイクロソフトとバイトダンス、TikTok買収交渉を保留-DJ

Bloombergより

マイクロソフトがSNSを持つなんて想像が付きませんが、これが新たな成長エンジンとなるのかはまだ未知数です。

 

数年でお金持ちになる訳ではなく、ジュニアNISAの活用など長期で資産運用をするのなら今の時期は非常に良い機会だと思います。

【2020年度版】ジュニアNISAが廃止でメリットが!?SBI証券でのジュニアNISA口座の開設方法

使っている証券会社は、3大ネット証券のマネックス証券SBI証券です。

マネックス証券の資料請求はこちらから! ≫
SBI証券の口座開設はこちらから!≫
米国株は2019年から始めたので、今で約1年半経過しました。

その結果をまとめています。

【実績公開】米国株投資を始めてみた結果!配当は?株価は?