【2020年24週目】日本株を利確し米国ETFを買い増し!







こんにちは、ちゃぺです。

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。

 

先週はFRBが慎重姿勢を見せたことから、市場は警戒姿勢を強めて大きく下落。

米国株が続落、パウエル議長の見解に注目-国債は大幅高

連邦公開市場委員会(FOMC)はフェデラルファンド(FF)金利の誘導目標レンジを少なくとも2022年までゼロ付近で維持するとの見通しを示した。一方でパウエル連邦準備制度理事会(FRB)議長は、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)が経済に与える打撃はより長期化する恐れがあるとの見解。

Bloombergより

急落からの急上昇だったこともあり、一旦は調整局面に入る可能性があります。

とは言え、人々の心理を裏切るのもまた市場なので、結局の所将来がどうなるのかは誰にも分かりません。

なので、あまり気にせず、ある程度上昇したら”売り”、ある程度下がった所で”買い”を継続して行きます。

先週は日本株を1つ売って利益確定させ、米国のETFを1つ買いました。

 

これから株式投資を始めてみようと考えている方の参考になりましたら幸いです。



米国NASDAQは史上高値更新!

ダウやS&P500はまだコロナショックから回復していませんが、NASDAQは2月半ばからの急落からV字回復をしていて、年初来では唯一プラスです。

赤-ダウ、水色-S&P500、紫-NASDAQ(Yahoo financeより)

米国のNASDAQ市場に連動するETF(上場投資信託)には”VGT”と”QQQ”がありますが、現在持株の中のQQQの割合が20%もあるので、今回は”VGT”を購入することにしました。

平均約定価格は$271.71、5株購入、$1,365.27分を購入しました。

ちなみに、米国株の持株の割合は以下の通りです。

ダウに連動する様な”オールドエコノミー”は少なめにして、NASDAQの”ハイテク銘柄”は多めにしています。

オールドエコノミー株は、値上がり益が狙えない物の業績が安定しているので配当をコンスタントにもらいつつ、ハイテク株の値上がり益を狙う方針です。

(くれぐれも投資は自己責任でお願いいたします)



2020年第24週目の取引まとめ

次に、売却 and 配当実績です。

先週は日本株のイオンを売却しつつ、日本株と米国株から配当収入がありました。

イオンはそこそこ上がっていましたが、そろそろ下げると思ったので一時撤退です。また下がり切ったと思われる時点で買い戻しをします。

これまでの2020年の配当・売却益の総額は、日本円¥66,827ドル$250.3となりました!

 

次に各証券口座における保有株の状況は以下の通りです。

ドル円は一気に2円ほど下げて$107.31と円高になっているので、リスクオフです。

米国株が大きく下落しているので、来週はしばらくこのままコロナとの付き合い方を模索する感じだと思います。

 

引き続き淡々と買い増しを行って積み立てをして行きます。

現在、子供用にジュニアNISAも検討中です。

子供の教育式目的でもありますが、制度が変更になったことからもメリットが大きそうです。



まとめ

今回は、2020年第24週目の収支報告になりました。

 

世界全体の流れとしては、ある程度コロナの封じ込みが出来たとしてロックダウンの解除が進んでいますが、感染者数が再び上昇するなど第二波が広がっています。

【新型コロナ】中国の感染者急増-IMF、世界経済見通しを再修正へ

世界の感染者数は770万人を超え、死者数は42万8000人を突破した。

Bloombergより

急回復を見せていた株式相場ですが、これから二番底が来るのかもしれませんし、再び上昇の兆しを見せる可能性もあります。

現在は不安定な相場であることから、そこそこ利益が出た所では一部利確、下がった所で買い増しを行い、”ポジションを今の状況に合わせて変化させる”ことが必要になってくると思います。

 

株式投資だけではなく、FXでもお小遣い稼ぎはできます。

【FX 初心者記録 4カ月目】円安の後の急激な円高&豪ドル利下げで評価損は過去最大!

ただし、株式投資とは少し違ったスタイルなので、こちらも余裕資金でやるべきです。

初心者でも使い勝手が良く、スマホで簡単に取引が開始できます。

DMMFXが選ばれている理由
  • FX業界最狭水準のスプレッド
  • 初心者からデイトレーダーまで好評の取引ツール
  • カスタマーサポートも充実で初心者も安心
  • 安心安全の『全額信託保全』導入済み
  • 業界初!『時事通信社』ニュース配信

他のFX業者に比べてキャッシュバックも手厚いですし、口座開設数がNo1と言うのも分かる気がします。

\FXを始めるなら≪DMM FX≫!/
DMMFXの口座開設はこちらから ≫
外為ジャパンなら1,000通貨から取引ができるので少額から取引を開始できます。

あまりリスクを取りたくない先ずは少額からFXをはじめてみたい、と言う初心者の方におススメです。

こちらも20,000円のキャッシュバックがあります!

\\ 少額からFXを始めるなら外為ジャパン!/ /
外為ジャパンの口座開設はこちらから ≫
みんなのFXならトルコリラのスワップも狙えますこちらも取引額に応じたキャッシュバックがあり、最大で50,000円がもらえます。

▽トルコリラの取扱なら『みんなのFX』!▽
みんなのFXの口座開設はこちらから ≫
今ならスマホからでも投資が出来るので便利です。

One tap BUYなら1,000円から米国や日本の超有名企業に投資をすることができます。

【2020年14週目】少額で投資するチャンス!One tap BUYは1000円から投資ができるスマホ証券!

ボーナスも大半は投資に回しています。

【2019年冬ボーナス】振込額公開とその使い道も公開します!

iDeCoで自分年金もやっています。

【iDeCo(イデコ)1年の運用実績】節税?資産運用?老後に向けた自分年金を積み立てよう!

本日もここまでお付き合いいただきありがとうございました。

それではまた次回!

ちゃぺでした。