【2019年12月】サラリーマンの副業実績【不労所得】







こんにちは、ちゃぺです。

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。

 

政府が副業の促進に乗り出したのが2018年で、当時以下、厚生労働省より以下の様なガイドラインが発表されています。

① 離職せずとも別の仕事に就くことが可能となり、スキルや経験を得ることで、 労働者が主体的にキャリアを形成することができる。

② 本業の所得を活かして、自分がやりたいことに挑戦でき、自己実現を追求する ことができる。

③ 所得が増加する。

④ 本業を続けつつ、よりリスクの小さい形で将来の起業・転職に向けた準備・試 行ができる。

①であれば、本業に関わるスキルアップやネットワークを広げる等で更なるキャリアを目指せるとのこと。

②の究極はアーリーリタイヤでしょうか?

三菱サラリーマンさんは30歳でアーリーリタイヤをされたとのことで、素晴らしいと思います。

③は誰しもが嬉しいですね。

④はフリーランスなどがそうだと思いますが、ここまで行けたらすごいですね!

マナブさんなんかは東南アジアを転々としてブログやYoutubeをやりながらなので、非常に才能のある方なのだと思います。

月収”500万”なんて凄すぎっ!

 

まだまだ自分は①と③の段階で、”安定した収入源を複数持つ”ことに挑戦中です。

2019年1月から記録を付けていますが、今回は、2019年12月までの副業の実績をご紹介したいと思います。

 

これから副業を始めてみたいとお考えの方の参考になりましたら幸いです。


副業の実態(リクルート調査)

2019年におけるリクルートの調査によると、『兼業・副業をしたことが ありますか?』との問いに、約3割の人は”現在行っている”と答えた一方、約”6割”の人はしたことはないが、そのうちの約70%は”興味があるとの回答でした。

ちなみに、具体的に行動に移せていない原因は以下の通りとなっています。

上から3つは、今の時代であればスマホで簡単に調べることができるので、『やる気がない』と取られても仕方がないかもしれません。

例えば、本業がサラリーマンで新しいプロジェクトに任命された際に、”そのプロジェクトに詳しくないから”とか、”調査の仕方が分からない””他にもタスクがあって時間がない”とかは『言い訳』と取られてもしまう可能性があります。

なので、分からないなりにも先ずは行動してみることが大切だと思います。

 

ちなみに、このブログは2018年12月から『家づくり』についてをきっかけに始めましたが、家づくりには、そもそも『頭金』や『住宅ローンの返済』などの”資金づくり”が先ずは大切なのでは?、と思いそれについても書くことにしました。

では、具体的に実践している副業についてご紹介したいと思います。


給与以外の副収入源

実践している副業は以下の5つです。

◆ 実践している副業 ◆
  • 日本株の配当・売却益
  • アメリカ株の配当
  • ドル定期
  • 太陽光発電(自宅)
  • ブログ
  • (FX)

太陽光以外は全て自宅でPCやスマホさえあれば直ぐにでもやることは可能です

全てが不労所得と言うわけではなく、株やドルなどを運用しているので為替や変動リスクはありますし、勉強もします。

また、ブログも時間を捻出して書く必要があります。

 

FXも新たな収入源として2019年11月から開始しました。

FXは最初『怖い』印象しかありませんでしたが、20,000円のキャッシュバックキャンペーンもあるので、『ダメ元でやってみて、キャッシュバックだけもらってその後止めればいいか!』と、軽い気持ちで口座開設を行い早速始めて見ました。

\FXを始めるなら≪DMM FX≫!/
DMMFXの口座開設はこちらから ≫
午前中に申し込んだら次の日には申込用紙が届き取引が出来ます。

 

そのため、完全な不労所得は家の屋根に付けている太陽光発電ぐらいです。

ですが、ほぼ全てサラリーマンでも実践できる副業です。



12月までの実績

早速、12月までの実績を公開します!

日本円

12月の実績は以下の通りです(下3桁四捨五入)。

株の配当・売却益 ¥19,000
太陽光発電(自宅) ¥7,000
ブログ ¥13,000

日本円合計 ¥39,000、となりました。

残念ながら、12月は11月から5万ほど下がりました。

ブログ収入が落ち込んだのと、株の売却益が取れなかったためです。

 

ドル

12月までの実績は以下の通りです。

アメリカ株配当 $60
ドル定期 $377

ドル合計 $437、となりました。

株でさらにアメリカ株って何か難しそうって思われるかもしれませんが、日本株と比較すると利益は上げやすいと思います。

ドルをSBI銀行で3か月の定期預金しているので、その分の利息が入りました。

日本なら銀行や郵便局に預けていても、0.01%とかですが、アメリカなら2%近くの利子が付きます。

為替リスクはあるものので、定期的に円→$の買い付けを行い、貯まった$は米国株を購入する資金としています。



まとめ

今回は、普通のサラリーマンが実践している副業2019年12月までの紹介となりました。

 

株やFXなども”専業”になればそれだけに全力投球して生計を立てることも可能かもしれません。

ですが、ごくごく一般のサラリーマンが”副業”をして、『所得の増加』を狙うなら、そんなリスクを取るよりも色々なことを実践して”収入源を複数持つ”ことがおススメです。

日本のサラリーマンの短所は、”薄く広くできる”ことだと思いますが、裏を返せば、何でもできてしまう長所にも成りえます

今まで身に付けた能力やスキルを活用して”自分で色々とやってみる”と結果は付いてきます。



最後に

まだまだ本業には遠く及びませんが、サラリーマンであっても、意識して給与以外で収入を得る手段は色々とあります。

自分でできそうだなと思った事に対して先ずは行動してみることが一番大事だと、本当に思います。

将来への投資と思って、愚直に毎日コツコツと積み重ねると後から大きな結果となって返ってくると思って継続しています。

 

特に、ブログは最もリスクが低くサラリーマンにはおススメの副業だと思います。

手順としては、サーバーを借りて、ドメインを取得して記事を書くだけです。

ブログは無料でもできますが、収益化を狙うのなら、年間1万円ほどでサーバーを借りてWord Pressをやるのが最も確実です。

先ずはサーバーを借りる


その後、ドメインを取得する。




最後にワードプレスをインストールする。

ボーナスが貰えるのはサラリーマンの”特権”ですが、散財してしまうのはもったいないです。

我が家の振込額と使い道に関してもこちらで紹介しています。

【2019年冬ボーナス】振込額公開とその使い道も公開します!

ちなみに、最近始めたFXもそこそこ利益は出ています。

【2020年 FX運用 2か月目】初心者のFXトレード記録

ちなみに、FXは初心者にもおススメのDMM FXを使っています。




iDeCoは将来の自分年金づくりです。

節税効果もあるので、少額でもコツコツやれば後々大きなリターンとなって返ってきます。

【iDeCo(イデコ) 自分年金】16か月目の運用実績 利回り10%超え!?

本日もここまでお付き合いいただきありがとうございました。

それではまた次回!

ちゃぺでした。