一条工務店のi-smartを購入するための我が家の頭金の貯め方と資産運用


こんにちは、ちゃぺです。

 

皆さん、住宅を購入するための頭金はどれくらいの期間でいくら貯めましたか。

貯め方にも色々と方法はあると思いますので、我が家で貯めた方法を公開したいと思います。

1.財形貯蓄
2.持ち株
3.株・投資信託

 

1.財形貯蓄

 

nattanan23 / Pixabay

 

一般財形、年金財形、住宅財形の3つがあると思いますが、私は一般財形を入社した時から続けていました。

 

一般財形をしている理由は、使用目的を選ばない点です。
3番目にもつながりますが、自分で資産を増やそうと思っていました。

 

メリットとしては皆さんご存知かと思いますが、
・給与とボーナス天引きで知らず知らず貯まっている
・奨励金がある(年利として1.5%、200万としたら3万/年(税引前))
・住宅購入時、積み立て期間に応じて特別奨励金がある

 

デメリットとしては、引き出す時に直ぐに引き出せないことです。

申し込みから約1か月は掛かりますので、お勤めの総務部なりに確認して計画的に引き出すことをお勧めいたします。

ちなみに、住宅購入時の特別奨励金は自分で会社に申請しないともらえません

私の会社では、以下の書類が必要になりました。

 

・申請書

・住宅取得目的に財形を使用したとわかるもの(領収書のコピー)

・売買契約書

・財形払い出し計算書のコピー

 

詳しくはお勤めの会社の申請方法をご確認ください。

2.持ち株会

 

 

PIX1861 / Pixabay
これも入社してから始めていました。
特に愛社精神が強いわけではないです 笑

 

理由は以下の3つです。
・月々の拠出金に対して奨励金をもらえる
・配当金を再投資するので雪だるま式に貯まる
社内のプレリリースや業績などが株価にどんな影響をするのかを見れる

 

持ち株から株を引き出して売るのは今回が初めての経験でした。

正直、結構面倒くさかったです!

私の持ち株会の引き出し先は野村証券ネット&コールだったのですが、野村證券ネット&コールは大手のネット証券に比べて手数料が高いです。

 

例えば、15万円の株を売るとした場合、SBI証券と比較すると以下の通りです。

 

野村証券ネット&コール : 324円
SBI証券         : 105円

ネット証券で口座を開設して売った方が断然お得です。

 

私は、たまたまSBI証券やマネックス証券の2つのネット証券口座を持っていました。
もしお持ちでない方で持ち株をやられている方は、口座開設をおすすめいたします。

 

さて、ネット証券口座を開設、または既に持っている場合、次に持ち株をネット証券の口座に移す必要があり、その手続きにまた時間が掛かりますのでご注意ください。

また、証券口座は一般口座と特別口座の2種類があるのでご注意ください
一般口座からは一般口座、特別口座からは特別口座にしか株の移管はできません。
一般口座だと確定申告を自分でしなければいけないので大変です。特定口座は証券会社が手続きをしてくれます。
で、ネット証券の口座に移管出来てようやく自分で株を売れます。
でも、売るタイミングは非常に難しいです。

 

直近の高値を見ると、『せめてそれぐらいまで行ってくれ~』と欲が出ます。
下がっている時は、『まだまだ売れないな~』とまた欲が出ます。

逆に上がっている時は、『もっと上がるんじゃない』とまたまた欲が出ます。

結論から言うと、ある程度利益が出ているのならあまり欲は出さない方がいいです。
高値で売り抜けることを狙っているといつまでたっても売れません

 

で、私の場合どうなったかと言うと、まぁまぁ利益はでました。

 

株の購入代金(総額):2,715,024円
株売却時(総額):4,236,000円
売却益:1,520,976円

 

ここから手数料や税金を引かれます。税金では20%(30万)ぐらい引かれます。

 

年利としては4%となり微々たるもののとなりましたが、銀行や財形をはるかに上回る利率となりました!

1と2は会社に補助してもらいつつ資産を増やす方法です。
頑張って働いているので、使える制度はとことん使い果たしましょう。
せっかく入った会社なのだから。

 

 3.株・投資信託

 

skeeze / Pixabay
ここからは自力での資産アップです。
私の場合は個別株もやっていますし、投資信託も月々こつ積み立てています。

 

2005年頃よりちょこちょこやっています。
持ち株とは別で計算すると、売却益や配当収入で今までに約100万ぐらいプラスとなっています。
銀行に預けるよりかはしっかりとお金に働いてもらっていると思います。

 

2018年は少額ですがアメリカ株も始めました。

少額で積み立てができるワンタップバイは気軽にできるのでお勧めです。

ワンタップバイでは1,000円から有名なアメリカ企業の株を買えます。
例えば、AppleやAmazon、WalMartやMacdonald’sなどです。

 

また機会があれば今までの成績を報告したいと思います。
以上、私の頭金の貯め方でした。
人それぞれ価値観もありますので、お金の使い方や時間の使い方があると思います。
自分に合ったやり方で無理なく頭金を貯めて家を購入しましょう!

 

ここまで読んでいただきありがとうございました。
それでは!