【一条工務店】i-smart建築中の内部見学は可能?どこまで入れるの?






こんにちは、ちゃぺです。

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。

 

さて、先日ようやくi-smart建築中の現場見学をすることが出来たので、今回はその時の様子をご紹介したいと思います。

 

一足先に妻が見学したのですが、その時に持って行ってもらうはずの地鎮祭で頂いた御札を渡しそびれていたので、今回はそれを渡すことがメインでした。

妻には上棟中に差し入れをしてもらっています。

当時の状況などはこちらに書きましたので、よろしければご覧ください。

一条工務店i-smart建築中の現場見学のベストなタイミングとは?おススメの差し入れは?



見学の予約

 

早速、建方の担当者さんに連絡を取って、週末に行っても大丈夫かを確認しました。

 

『週末の作業はございませんが、見学することは可能ですので大丈夫ですよ』

 

との返事がきましたので、昼過ぎからの見学をお願いしました。

一応、お茶とコーヒーの飲み物の差し入れを持って行くことにしました。

 

現場見学については、営業さんとはやり取りをせず、直接工事担当者さんとのやり取りになります。

電話でもいいと思いますが、我が家はメールでやり取りを行いました。



見学当日の様子

 

基礎工事期間中は基礎工事の担当者さんからメールで工事状況を連絡してもらっていましたが、やっぱり建物があると雰囲気が全然違いました!

 

家の正面は、『ハウスオブザイヤー受賞』や『省エネ大賞受賞』の垂れ幕がデカデカと掲げられていました。

 

住宅街の中なので、すごく目立ちますね。。。

そこまでアピールしなくてもいいと思うのですが、一条工務店などのハウスメーカーからすると良い宣伝になりますからね。

 

家の前に行くと、工事担当者さんが家の中から出てきました。

 

現在の工事の進捗状況を説明してもらったり、引渡しがいつになるかを確認しました。

今の様子だと、3月末には引渡しが行われるとのことなので、それに合わせて引っ越しの予定も立てなければ・・・

引っ越しの準備も大変そうなので、また調べてみたいと思います。

 

 

建物内部の見学

外側から見学するだけかと思っていましたが、中に入っても良いとのことなので、早速中に入ってみることにしました。

 

特に作業をしていないからかヘルメットを被ることもなく、土足で入ってもOKとのことでした。

 

先ずは玄関です。

今後タイルを張ってきれいにしていくのでしょうか。

 

次は1階のLDK。

外観はしっかりしていますが、中はまだまだ壁もないですし梁がむき出しのままでした。電気の配線もむき出し。

 

写真はキッチン側からダイニングとリビングを見た感じです。

間取りの図面で見るとこんな感じです。

写真の手前に見えているのはキッチン台ですが、これがとても大きい!

梱包されているからでしょうか?

 

妻は、ダイニングが少し狭く感じたそうで、『大きなダイニングテーブルは置けないかな~』とちょっと悩まし気でした。

妻としては6人掛けぐらいの大きなテーブルが欲しいみたいです。

 

他にも工事関係の資材やらが置かれているので、全体的に家の中は狭く感じました。

それらをよけながらグルっと中を見学できます。

 

 

一条工務店の防蟻処理木材

 

写真では少し分かりにくいかもしれませんが、1階の木材の色が少し緑っぽくて天井の色は通常の木の色になっていて違います。

 

これは、シロアリや腐れの影響を受けやすい構造材及び下地材には、隙間なく徹底的な処理を施しているからです。

 

建築基準法で定める一般的な防腐・防蟻の処理範囲は、地面から1メートルの高さまでとなっています。

しかし、一条工務店では、床下、1階の構造材のほぼすべて、1階の断熱材、バルコニー、破風板にも処理を施します。

 

一般的に、防腐・防蟻処理としては表面に薬剤を塗るだけですが、それだと効果は5年程度となります。

 

ですが、一条工務店では、ACQと言う薬剤を使って、木材を注入タンクに入れ、圧力をかけて薬液を浸透させるので、木材の奥深くまで薬液を浸透させています。

75年以上の効果を保つことができる、とのことですがどうなんでしょうか!

注意書きで、『床下の基礎部分には10年毎に再処理を施すことで、より高い効果が持続します。』とも書いていますが実際はどんな感じでやるんでしょうかね?

 

ACQ(Alkaline Copper Quaternary)とは

銅と第4アンモニウム塩を配合した環境に優しい防腐剤で、天然木の腐敗菌、シロアリ、木喰い虫から材木を守り、強い効力を長期にわたって発揮します。

塗布後は、緑色をしていますが、数ヶ月間外気にさらされて暖かみのある茶色に変わり、最終的には灰色になります。

 

化学処理を施しているので健康に悪そうなイメージですが、米国環境保護局(EPA)によって2002年、「人にやさしく、環境に配慮した化学製品」としてグリーンケミカルチャレンジ大統領表彰が授与されています。

マウスによって安全性を確認した研究も行われており、砂糖と同等で、食塩やカフェイン、ニコチンよりはるかに安全と証明されています。

LD50とは、急性毒性を表す値で、体重1kgあたりどのくらいの量を摂取するとラットの死亡数・生存数が半々になるかという値です。

値が小さい方が危険、大きい方が安全となります。

 

この後、2階の見学もさせてもらいましたが、各部屋にクローゼットのユニットや資材が、部屋の真ん中に『ドカッ』と置かれて据え付けられるのを待っている状態でした。



まとめ

 

まだまだ出来上がりまでに時間がかかりそうですが、1階も2階も見学することが出来てとてもよかったです。

 

今まで色々と話し合いをして作ってきた図面が実際の建物として出来上がるのはやはり感動しました。

快適で過ごしやすい間取りだったことを祈ります!

 

今回、週末だったので子供も連れて家族全員で行きましたが、家に帰ってからも、『あそこにどんなテーブルを置こう』とか『ベットはどうしよう』とかで盛り上がりました。

今使っている家具も10年以上経ちますので、新築への引っ越しに合わせて買い替えようかと計画中です。

 

次回行くのはもう少し内装が出来上がった2月末か3月頭の予定です。

またその時にレポート出来たらと思います。

 

ここまで読んでいただきありがとうございました。

それではまた次回!

ちゃぺでした。





返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です