【ソファ】新築i-smartに向けた家具の購入【LEATHERTEX(レザーテックス)バッソⅡ】


こんにちは、ちゃぺです。

いつも本ブログをご覧いただきありがとうございます。

 

久々に家ネタです。

最近さぼり気味でごめんなさい🙇

 

現在の我が家は、上棟が終わり内装作業を進めている真っ最中です!

最近、季節替わりに伴う雨が多くなっているので、外装作業はその合間と言うことで少し停滞しているとのこと。

毎日現場を見に行けるわけではありませんし、進捗を急かしてもいけないので気長に待つことにします。

 

さて、いよいよ我が家のi-smartの引渡が決まりした!

 

 

3月29日です!

 

 

残りあと1か月を切りました!

 

こんな直前に決まるわけではなく、もっと事前に分かっていたのですがここでの報告をしていなかっただけです。。。

報告が遅くなってすみません。。。

 

実際は上棟が終わったぐらいの1月末には確定していました。

 

引越しに向けて手続きも開始しています。

役所の手続き関係は以前少しまとめていますので、よろしければご覧ください。

【引っ越し】新築を建てた場合の転入届けや転出届けはどうするの?準備は?【一条工務店】

 

さて、新居に向けた家具の購入も同時に進めています。

 

今回は、購入を決めたリビングに置くソファをご紹介します!

これめちゃくちゃいいので、本当におススメですよ!



我が家のi-smartの間取りとソファの大きさ

 

我が家の1階の間取りについては、こちらに詳しく書いていますので、よろしければご覧ください。

30坪2階建てで20畳のLDKは可能か?我が家の一条工務店i-smartの間取りを公開!

 

そのリビングを切り取ったのが以下の通りです。

この左隣にダイニング、キッチンと続いています。

 

LDKで20畳は確保しています。30坪なのでこれ以上はなかなか厳しいですし、あまり狭くもしたくなかったので頑張った方だと思います。

 

ソファを置くのはリビングになりますが、我が家のリビングは8畳です。

 

点線で家具の位置がうっすらと書かれていますが別にこれは依頼したわけではなく、一条の設計士さんで目安として描かれたものだと思います。

 

少し分かりにくいですが、図面にはうっすらと点線が書かれています。

一ますが90㎝×90㎝になり、このリビングには16マスありますので、リビングの広さはざっくり360cm×360㎝の正方形になります。

実際は壁の厚みがあるのでもう少し狭くなると思います。

 

さて、ソファの置き方ですが、無難な置き方は図面通りかと思うので、これを元にソファの大きさを考えました。

 

あまり大きなソファを置くと圧迫感が産まれますので、3人掛けのソファを候補として探すことにしました。



ソファの種類と選び方について

 

一般的な3人掛けのソファ、コーナーソファ、リクライニング付きソファ、オットマン付きソファなど色々とあります。

当然、デザインもありますし、材質、形、座り心地、部屋の雰囲気との調和、などなど考えだしたら切りがありません!

 

実際に家具屋さんにも行きましたし、ネットなどでどんなソファが良いのか色々と参考にしました。

ネットでも選び方やポイントなどが専門の家具屋さんで書かれていますので参考になるかと思います。

 

例えば以下のようなサイトが役に立つと思って利用させてもらいました。

Re:CENO

MODERN MARKET

 

 

我が家のソファを選ぶポイント

 

車で行ける範囲の家具屋さんに通い色々と探しました。

 

我が家が重視したポイントは以下の2つです。

 

  • 布地は汚れやすいしホコリも出るので×
  • なるべく場所を取らずにリラックスできるものが◎

 

形や色はその場で実際に見た雰囲気で決めることにしました。

 

ちなみに、我が家のフローリングはグレーウォールナットとなっています。

 

一条工務店では、標準仕様として5色の中から選ぶことが出来、このグレーウォールナットは中間色になります。

明るい色から、ホワイト、ライト、グレー、ビター、ダークの5種類となります。

 

明る過ぎず暗過ぎずの中間色にしました。

フローリングの色についてはまた別の機会でご紹介させて頂きます。

 

なお、1階の壁紙は無難な白色にしています。



関家具バッソⅡ

 

さて、これらの情報を元に我が家が選んだ3人掛けのソファーがこちらになります!

 

 

関家具のBasso(バッソ)Ⅱです!

関家具のHPはこちらをご覧ください。

 

大きさは3人掛けで幅1900×奥行910-1540×高さ900・座高390 。

機能としては、3人掛けの電動式のリクライニングソファです。

足を伸ばしたい時にボタン1つで出来るのが良いですね!

 

一番の特徴は、張地にレザーテックスと言う素材が使われている点です。

LEATHERTEX®(レザーテックス)とは、ナチュラルレザーのような肌触りと風合いのある、革でも布でもない新素材です。

レザーテックスは、まるで北イタリアサンタクローチェの最高級アニリンレザーのような雰囲気を持つアニリンタイプとエレガントで独特の肌触りを演出するヌバックタイプがあります。

更に、レザーでは実現できない様々な耐久性能を持ち合わせています。

 

布地は安っぽいし汚れやすいので、本革で探していたのですがこれに出会って一目ぼれしました。

本革もいいんですが、冬場とかはヒヤッと冷たい感じが気になっていましたが、このレザーテックスは本革っぽいんですがすごく肌触りが良いんです!

温かみがあるのでヒヤッとした感じはありませんし、合皮みたいな安っぽい感じがありません。

 

また、このレザーテックスのすごい所は、JIS(日本工業規格)による摩擦試験、耐光試験、引裂強さ試験、引張り強さ試験、撥水度試験において優秀な成績をおさめている点です。

 

表面処理の違いでアニリンとヌバックの2種類で全部で6種類のカラーがありました。

『ありました。』と書いたのは、先日家具屋さんに行くと、このヌバックは廃盤になっていました。

 

なお、”アニリン”とは革に塗料(染料)を染み込ませて染色し、表面はトップコートのみで仕上げたタイプ。

一方、”ヌバック”は革の表面(表側)をバフして起毛したものでより肌触りが良いです。

 

まとめ

 

今回は、新居となるi-smartとともに新しく購入した家具の第一弾としてソファをご紹介しました。

 

肌触りと風合いのある、革でも布でもない柔らかい感触なのですごく気に入っています。

新居に届くまでワクワクしています♪

 

それにしても新築の場合、部屋のイメージや大きさがわかないので家具選びは難しいですね。

今後、ダイニングテーブルや家電も購入予定なので、ご紹介出来たらと思います。

 

実際に使い始めてからの感想もこのブログに書いていきたいと思っています。

本日もここまで読んでいただきありがとうございました。

それではまた次回!

ちゃぺでした。

twitter始めましたので、よろしければフォローお願いいたします!






返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です